MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 風邪の記事一覧

冬に風邪をひきやすくなる理由とは?

2018.11.29 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,,風邪

(風邪ひきのイメージ)

冬に風邪をひきやすくなる理由とは?

 

なぜ冬はかぜをひきやすいのか?

 

冬になると、-50℃にもなるシベリアで発生した高気圧が

日本海を渡って日本海側に雪を降らせます。

 

季節風はその後、山を越えて太平洋側に吹き降りますが

日本海側に雨や雪を降らせて水分を放出しているので

とても乾燥しています。

 

さらに冬は暖房を使用します。

 

空気は暖めると乾燥するので

乾燥している冬の大気が暖房により、更に乾燥が進むというわけです。

 

なぜ空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるのか?

風邪症候群の原因は80~90%がウイルスの感染です。

 

ウイルスとは生きた細胞の中だけで増殖する特異な微生物のこと。

 

風邪のウイルスは200種類以上あるといわれますが

多くは冬場の低温乾燥の環境で空気中の飛散量が増加します。

 

「ゴホン10万、ハクション100万」とういう言葉がありますが

風邪をひくと1回のセキで10万個

1回のクシャミで100~200万個の飛沫が空気中にばらまかれます。

 

このウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。

 

ところが、湿度が40%以下になると

ウイルスの水分が蒸発して軽くなるため

落下速度はゆるやかになり約30分間、空気中を漂うことになるのです。

 

空気中のウイルスは人が息を吸い込む時に鼻やノドから感染して

流行しやすくなると考えられています。

 

また、空気が乾燥すると、ノドの粘膜が乾燥して炎症をおこしやすくなり

ウイルスを防御する力が衰えてきます。

 

こうしたことが重なって、空気が乾燥する冬には風邪をひきやすくなります。

 

(乾燥予防方法)

観葉植物やコップの水で湿度調節

観葉植物には室内の乾燥をやわらげる効果があります。

 

球根の水栽培も、水分が蒸発して室内の湿度を上げてくれます。

 

また、コップに水を入れておくだけでも室内は潤います。

 

ただし、これらの効果はゆるやかなので

暖房は20度くらいにして、あたためすぎないことも大切です。

 

コタツや電気毛布など、肌に直接触れる暖房器具は

長時間使うと肌の水分を奪ってカサカサにしてしまいます。

 

これらは短時間、補助的に使いましょう。

 

ファンヒーターなどの温風暖房でも

直接からだに当たらない位置に設置するなどの工夫をしましょう。

 

エアコンなどの暖房は、室内の空気を乾燥させます。

乾燥が激しいときには、加湿器などを用いて

湿度調節をすることをおすすめします。

 

ただし、加湿のしすぎは結露を招き

カビやダニも発生しやすくなりますので

湿度計などで室内の湿度は50%程度を目安にしましょう。

 

また、加湿器の水にカビが発生するのを防ぐため

加湿器内の水をこまめに入れ替え清潔にしておきましょう。

 

 

当院では鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

体の芯から体を温めて体調を整え免疫力を高めて

風邪を引きにくい体を作ることができます。

 

 

当院では貴方の症状が少しでも楽になるように

様々な症状に対して

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

などを行っています。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

空気の乾燥で風邪を引きやすくなる理由について

2017.11.29 | Category: 豆知識,鍼灸治療,風邪

masuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(風邪のイメージ)

 

空気の乾燥で風邪を引きやすくなる理由について

 

なぜ冬は乾燥しやすいのか?

冬になると、-50℃にもなるシベリアで発生した高気圧が

日本海を渡って日本海側に雪を降らせます。

 

季節風はその後、山を越えて太平洋側に吹き降りますが

日本海側に雨や雪を降らせて水分を放出しているので

とても乾燥しています。

 

さらに冬は暖房を使用します。

空気は暖めると乾燥するので

乾燥している冬の大気が暖房により、更に乾燥が進むというわけです。

 

なぜ空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるのか?

 

風邪症候群の原因は80~90%がウイルスの感染です。

 

ウイルスとは生きた細胞の中だけで増殖する特異な微生物のこと。

 

風邪のウイルスは200種類以上あるといわれますが

多くは冬場の低温乾燥の環境で空気中の飛散量が増加します。

 

「ゴホン10万、ハクション100万」とういう言葉がありますが

風邪をひくと1回のセキで10万個

1回のクシャミで100~200万個の飛沫が空気中にばらまかれます。

 

このウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。

ところが、湿度が40%以下になると

ウイルスの水分が蒸発して軽くなるため

落下速度はゆるやかになり約30分間、空気中を漂うことになるのです。

 

空気中のウイルスは人が息を吸い込む時に鼻やノドから感染して

流行しやすくなると考えられています。

また、空気が乾燥すると、ノドの粘膜が乾燥して炎症をおこしやすくなり

ウイルスを防御する力が衰えてきます。

こうしたことが重なって、空気が乾燥する冬には風邪をひきやすくなります。

 

(乾燥予防方法)観葉植物やコップの水で湿度調節

観葉植物には室内の乾燥をやわらげる効果があります。

球根の水栽培も、水分が蒸発して室内の湿度を上げてくれます。

また、コップに水を入れておくだけでも室内は潤います。

 

ただし、これらの効果はゆるやかなので

暖房は20度くらいにして、あたためすぎないことも大切です。

コタツや電気毛布など、肌に直接触れる暖房器具は

長時間使うと肌の水分を奪ってカサカサにしてしまいます。

これらは短時間、補助的に使いましょう。

ファンヒーターなどの温風暖房でも

直接からだに当たらない位置に設置するなどの工夫をしましょう。

 

エアコンなどの暖房は、室内の空気を乾燥させます。

乾燥が激しいときには、加湿器などを用いて

湿度調節をすることをおすすめします。

 

ただし、加湿のしすぎは結露を招き

カビやダニも発生しやすくなりますので

湿度計などで室内の湿度は50%程度を目安にしましょう。

また、加湿器の水にカビが発生するのを防ぐため

加湿器内の水をこまめに入れ替え清潔にしておきましょう。

 

当院では鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

 体の芯から体を温めて体調を整え免疫力を高めて

 風邪を引きにくい体を作ることができます。

 

DSCN8068

 

 

当院ではた免疫力を高めるめ鍼灸治療や

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

冬場の運動の注意点について|生野区整骨院より

2017.10.25 | Category: 豆知識,鍼灸治療,頭痛,風邪

マラソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(運動のイメージ)

 

冬場の運動の注意点について|生野区整骨院より

 

冬は身体が冷えて硬くなり、

運動するときの怪我のリスクが高まります。

 

これからますます寒さが厳しくなりますので

防寒対策は重要になります。

 

今回、冬場に運動をする際

怪我のリスクが高まる主な原因や

怪我の予防方法についてお伝えします。

 

・冬場の運動で怪我のリスクが高まる主な原因

気温が冷たく寒い時期は、筋肉が硬くなっています。

筋肉が硬いままの状態で筋トレしたり、

激しく走ったりすると、筋繊維が断裂し、

肉離れを起こす危険性があります。

 

また、寒い時期に一番多い怪我が肉離れと言われています。

また、関節も硬くなっていますので、

急な運動は捻挫や脱臼を起こしかねません。

 

その他、もっとも重大な疾患として、

心臓や血管への悪影響があります。

寒い場所に出ると、体温の発散を防ごうとして、

血管が収縮し血圧が上昇します。

 

また、急激な温度差で交感神経も緊張し、

さらに血圧が上昇しやすくなっています。

 

その結果、脳の血管が破れれば脳内出血を起こし、

重大な障害につながることや、生命の危険さえあります。

 

血圧の上昇は心臓にも負担をかけ、

狭心症や心筋梗塞など、心臓疾患の原因になります。

 

冬場の怪我や疾患の原因は、筋肉や関節、血管の収縮に原因があります。

 

〜改善策〜

 

 寒い時期の運動前には、準備運動をすることが大切です。

身体をしっかり温めるため、

準備運動を入念に行うことを心掛けましょう。

 

 極端な温度差は避けてください。

急に温度差の激しい寒い屋外に出ると、

上述した怪我や疾患を引き起こすリスクが高まります。

 

あらかじめ部屋の暖房を切って、

ある程度寒さに慣れてから出るのが良いでしょう。

 

 服装は、防寒性と速乾性を兼ね備えたものを選びましょう。

防寒性能については、分厚い服を1枚着るより

薄めの服を重ね着する方が良いです。

 

運動による体温の上昇に合わせて一枚ずつ脱ぐことができ

体温調節がしやすいからです。

 

速乾性能については運動してかいた汗が冷えることで

体温が奪われることを防ぐためです。

 

両方の機能を備えたウェアはたくさん販売されているので、

一着は手に入れることをおすすめします。

 

当院ではスポーツ、運動を楽しむ方の

体調を整えるためのマッサージ手技療法や

鍼灸治療を行っています。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

冬の病気対策について|生野区整骨院より

2017.10.18 | Category: 豆知識,鍼灸治療,風邪

sammesa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(冬のイメージ)

 

 

 

冬の病気対策について|生野区整骨院より

 

冬の病気を予防するために、どんなことが大事だと思いますか?

冬は気温が下がり湿度も低下するため、

細菌やウイルスが活発で飛散しやすい環境なのです。

 

冬の病気の予防には基本中の基本、正しい手洗いうがいです。

外出先から帰宅した時、ランチに出かけた時

どんな時でもウイルスの感染には注意して行動することが重要です。

 

マスクを着用することでウィルス感染の予防ができます。

 

また、冬の病気の予防は早いうちから始めることが大切です。

栄養バランスの取れた食事十分な睡眠

水分補給もしっかりして免疫力を高めましょう。

ウイルスとの接触に注意するだけではなく

万が一体内に侵入された時に

しっかりと抵抗できる力を付けておくことが大事なんです。

 

体内の免疫機能がしっかりとはたらいていれば

侵入してきた細菌やウイルスに対抗することができます。

 

薄着や、極端に厚着することも冬に病気を予防するにはよくありません。

薄着は説明するまでもないと思いますが

極端な厚着は寒さへの抵抗力を弱めてしまい

体温の調節機能の妨げになります。

 

 

当院では自律神経の乱れの症状に対して

 鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

 体の芯から体を温めて自律神経を整えて

 冷えにくい体を作ることができます。

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

長引く秋風邪|生野区整骨院より

2017.09.29 | Category: 風邪

sammesa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(秋のイメージ)

 

 

 

長引く秋風邪|生野区整骨院より

 

暑い夏が終わって夏風邪の時期が終わったと
油断していてはいけません。

 

風邪は夏か冬にかかるというイメージがありますが、
秋も風邪に注意が必要です。

 

夏の暑さが終わって疲れが出てくる秋

 

抵抗力が少なくなってくる今、
風邪をひく人が増えています。

 

 

秋に引く風邪の特徴

 

症状としては、普通の風邪と変わりません

 

喉の痛みや咳、発熱、

そして頭痛などの症状が現れます。

 

秋風邪は症状がそれほど強くないものの、
長引くと言われています。

 

秋のはじめは日中は暑い日もありますが、
朝晩は冷えるために温度差が激しいです。

 

また、夏バテが続いていて、体調が良くない上に
風邪を引けばなかなか治りません。

 

温度差などで喉を痛めていつまでも
咳が止まらない人もいます。

 

 

秋に引く風邪の予防

 

空気が乾燥している秋は咳などを

引き起こす原因をつくります。

 

秋の朝晩の冷えも風邪を引き起こしますから、
寝ている間も注意をすることが必要です。

 

①睡眠を見直す

 

厚い布団をかけることはかえって汗をかいてしまって
よくありませんが、大事な喉を守るために、
寝るときは首にタオルを巻くようにしましょう。

 

それだけで冷えを防ぎますから、
後は薄い布団をかけるだけで大丈夫です。

 

体が疲れていると風邪に対する抵抗力が弱まります

 

体の疲れはオフロにゆっくり入ってとりましょう。

 

②入浴を見直す

 

熱いお湯に長くつかっていると、
かえって疲れてしまいます。

 

ぬるめのお湯に浸かったり半身浴をするなどして
しっかり疲れを取ってください。

 

kodomo_illust-21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べるものや飲み物も注意が必要です。

 

③食べ物を見直す

 

まだ暑い日もあることから冷たいものや
冷たい飲み物ばかりほしい、という人もいるでしょう。

 

しかし、冷たいものばかりを食べていては、
胃腸が弱ってしまいます

 

風邪を予防して元気な体を作るためには、
あたたかい食べ物や飲み物にすることがおすすめです。

 

冷たい水やジュースを飲むよりも、
温かいお茶を選びましょう。

 

当院ではお灸による治療も行っています。

 

④自律神経を整える

 

お灸をすることにより自律神経を整え、

体質改善を行い、風邪をひきにくくすることができます。

 

そうして健康な体つくりの手助けすることもできます。

DSCN7517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

当院のスタッフが親切丁寧にお答え致します。

胃腸風邪について|生野区整骨院より

2017.06.14 | Category: 風邪

seirituu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(お腹が痛いイメージ)

 

胃腸風邪について|生野区整骨院より

 

嘔吐や下痢が止まらなくなる胃腸風邪は本当に辛い病気です。

季節に関係なくかかる可能性のある胃腸風邪ですが

何が原因でどのように対処すればいいのかご存知でしょうか?

 

何も考えずに市販薬を飲んだりしてしまうと、

症状が長引いてしまう可能性があります。

 

今回は、胃腸風邪の症状と原因についてお伝えいたします。

 

まず、胃腸風邪について説明します。

 

胃腸風邪というのは、「感染性胃腸炎」の通称です。

これは、ウイルスや細菌によって

胃腸が炎症を起こしてしまう病気です。

 

子供もかかることが多い病気で、小児科では、

「吐き下し」や「お腹の風邪」という言い方もします。

 

風邪という名前のため、「大したことない」と

思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

間違った治療法で、症状が長引いてしまうことや、

他の人にうつしてしまうリスクもあります。

胃腸風邪にはどのような症状があるのか説明します。

 

腹痛胃腸風邪で一番強く感じるのが腹痛です。

嘔吐胃腸風邪では嘔吐があるのがほとんどです。

下痢胃腸風邪で起こる下痢の特徴は水っぽいところです。

発熱胃腸風邪では発熱するときとしない時があります。

その他全身症状として、体がだるい、関節が痛い、頭が痛い、悪寒

    などの症状が出ることもあります。

 

主な原因としては

食べ物

接触感染

免疫力の低下

ストレス

睡眠不足

などが挙げられます。

 

当院ではそんな胃腸風邪など風邪の症状に対して

鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

体の芯から体を温めて自律神経を整え

風邪をひきにくい体を作ることができます

 

日頃から風邪をひきやすい方など

気になる方は一度体験してください。

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

ページのトップへ戻る