MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故の記事一覧

12月交通事故予防の5つのルール

2018.12.20 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療

(交通事故のイメージ)

 

12月交通事故予防の5つのルール

 

警察庁の統計によれば12月は交通事故が発生しやすい月と言われています。

 

12月に交通事故件数が最大になる理由にはいくつかありますが

日が短くなって暗くなるのが早い、年末にかけて交通量が増える

慣れない道を走る運転手が増えることなどが理由とされています。

 

車、自転車、徒歩などで行動する時にはいろんな危険が隠れています。

常日頃から気を付けていてもどこに気を付けていいのか分からない事があると思います。

なので今回は交通事故を未然に防いでもらうために

 

~交通事故予防の5つのルール~

 

1.もしかして

2.止まる

3.みる

4.まつ

5.確かめる

 

交通事故を予防する以上の5つのルールを紹介したいと思います。

 

 

1. もしかして(危険を予測する

もしかして、自動車・バイク等・自転車・歩行者が来る

(動き出す、急に方向を変えるなど)かもしれないという意識を持つ。

(起こり得る危険を予測する)

 

止まる(一時停止と左右を確認

「止まれ」の標識への意識を持ち、速度ゼロにして完全に止まる。

 

3. みる(まわりの安全を確認

左右、前後、まわりが安全かどうかを自分の目でしっかり見る。

 

4. まつ(安全確保ができるまで

心・時間にゆとりを持ち、安全が確保されるまで、人や車が通過するのを待つ。

 

5. 確かめる(再確認、入念なチェック

安全に横断、通行ができるかどうか、もう一度、よく確かめる。

 

 

 

この5つのルールを常日頃から意識して守る事で交通事故を

未然に予防する事ができます。

 

しかし、いつ何時どのような形で自分の身に

降りかかるかは予測できません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

0678913719

 

最初が大事!知っておきたい交通事故治療

2018.12.05 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療,交通事故治療認定院 大阪市生野区鶴橋2-18-10 ハートフルくすのき鍼灸整骨院

(治療のイメージ)

 

最初が大事!知っておきたい交通事故治療

 

交通事故に遭ってしまった場合

意外と多くの方がご自分では

「大したことがない」、「そこまで痛くない」と思うことがあります。

 

しかし、事故直後に痛みが出なくても

後で痛みが出てくることがあります。

 

これが一番危険です。

事故直後はアドレナリンが出て興奮状態となり、痛みが鈍感になりますが

時間がたつにつれて分泌がおさまり痛みが発症につながります。

さらに、事故の衝撃によって自律神経が乱れ

普段通りの生活ができなくなることもあります。

 

病院ではむち打ち症と診断されるほとんどが

頚椎捻挫と考えられています。

 

病院で痛みや症状を訴えてレントゲンを撮っても

「異常ありません」で終わり

「シップを出しておきますから痛かったらまた来て」とか

「来週また来て」と言われてしまうことがよくあります。

 

当院では特殊電気療法、手技療法により

むち打ち症状のでている頚椎(首)だけではなく全身の歪みを調整する治療を行います。

そうすることで早期の症状の緩和が期待できます。

 

交通事故の臨床所見は、かなり重く

首の運動痛、慢性の偏頭痛、などを引き起こすこともあり

一般的なケガよりも体にかかる負担が大きいケースがほとんどです。

 

適切な治療を行わない場合

後遺症として残る可能性もありますので

早期治療が最も重要です。

 

「たいしたことはないけれど、ちょっと体が痛い」

「むち打ちかもしれない」

「頭痛が出てきた」

などの症状がすこしでもあればできるだけ早く当院にお越しください。

 

「整骨院で治療を受けるにはどうすればいいのか?」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

整骨院で交通事故治療を受けるためには。

 

1.まずは警察に交通事故の届出

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。

(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)

また、仮渡金の請求に必要となるので

警察署へ交通事故証明書の交付を依頼します。

 

2.相手(加害者)の情報を収集

相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー

自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名

証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先

(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負う可能性があります)。

 

3.現場での目撃者を確保

万が一、相手方とトラブルになった際などに第三者の意見は効果があるため

通行人など交通事故の目撃者がいれば協力を得て、証言をメモしましょう。

 

4.現場の記録

事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため

できるなら事故直後に、現場の見取図や事故の経過

写真などの記録を残しておくことも重要です。

データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

 

5.病院にて医師の診断を受ける

交通事故の治療には医師に診察を受けて

診断をしてもらう必要があります。

 

6.保険会社へ整骨院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

 

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

0678913719

 

事故がもっとも多い12月について

2018.11.22 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療,豆知識,,運転

(スリップのイメージ)

事故がもっとも多い12月について

 

警察庁のまとめた資料によると、事故が最も起きるのは12月だそうです。

12月の事故が多いといわれていますが、その原因を探ってみましょう。

 

★12月は車が多い?

発生件数、負傷者数、死者数全てにおいて12月が一番多いです。

一方、一番少ないのは2月で

2月は日にちが少なく、交通量も12月に比べると少なくなるため

発生件数が少ないのかもしれません。

 

毎年12月を迎えると思うのは、あっという間に過ぎ去っていく日々。

実際に自分の時間があるかどうかではなく

「忙しい」という感覚になってしまいます。

これは一番の問題でもあるでしょう。

 

心に余裕がなくなると

1台の車だって車線を譲ろうという気が起きなくなってしまうのが人間というもの。

そういった「忙しさ」と「忙しさ故のささくれだった心」が

事故を誘発してしまうのかもしれません。

 

また、年末のあいさつなどで忙しくなるのもさることながら

お歳暮などで宅配便業者の方も大忙し。

正月前に納品が立て込んだり、忘年会にクリスマスパーティーにと

人が動くことがとにかく多い時期。

それが何よりの原因かもしれません。

 

★都内でも案外凍る。橋の上は要注意!

府内で道路が凍結するという事は稀な事のように感じます。

しかし、気を抜くことなかれ。

 

府内を含め、都心部でも冬の早朝などは凍結しやすい道路があります。

それは、橋の上です。

 

橋というのはそもそも河川の上にあることが多いわけですが

河川は冷たい風が吹き抜けやすい場所。

 

また、橋は空中に浮いており、地熱である程度保温することができず

非常に凍りやすい場所でもあります。

 

直前が凍ってなくても、橋に差し掛かったら凍結路

なんてことは割とあり得る話なのです。

 

それゆえ、冬になると橋の上での事故も増えます。

 

それまで普通に走れていたのに急に凍結してしまうと

驚いてハンドルを取られるのも無理はありません。

 

★スタッドレスの盲点

そこで、凍結対策にとスタッドレスタイヤの出番が回ってきます。

 

スタッドレスタイヤは、ラジアルタイヤに比べて

凍結路や圧雪路などで効果を発揮し

一定の速度以下ではグリップ力も発揮してくれます。

 

しかしここで大事なことは、舗装路を走るという事については

非常に「苦手」だという事です。

 

特に、ドライ路面ならばいいのですが

降雨時のスタッドレスタイヤは非常に危険です。

 

スタッドレスタイヤは雪や凍結に強い代わりに

降雨時の路面ではグリップできないという問題も兼ね備えています。

 

その為、雨が降っているときにスタッドレスタイヤで走ると

制動距離が伸びたり、思うように曲がれない、という事態に発展します。

 

また、スタッドレスタイヤは乾いた路面でもグリップが逃げやすく

コントロールが難しくなる傾向になりやすい特性があります。

 

通に走れていたのに、ちょっとした路面変化で走れなくなってしまうことから

事故につながってしまうというケースも少なくないようです。

 

★うっすら積もった雪も大敵

都内にお住まいで週末にしか車にのらず

通勤は電車を使用するという方だと

スタッドレスタイヤ自体お持ちでない方もいるでしょう。

 

大雪が降るといろいろ諦めがつくのですが

うっすら積もる雪で油断してしまって

事故を起こしてしまうケースも少なくありません。

 

非常にうっすらなので「問題ない」と思って車を出すと大変です。

 

車が走ってアスファルトが出ているところはいいですが

そうではないところに乗ってしまったとたんに滑ります。

 

慌てて急ハンドルを切って、ガードレールに突撃してしまう

なんて話もよくあります。

 

ちょっとだから大丈夫と油断してしまうことが非常に危険です。

 

多少であっても雪が降ったらノーマルタイヤの車は走らせないことが大切です。

 

12月というのは運転に対して悪条件のそろう月でもあるようです。

 

家族とのクリスマスや年末年始を無事に過ごすためにも

12月は危険がたくさんあることを認識して走りましょう。

 

以上の項目をきちんと理解しておくことがなにより大事です。

皆さんもこの冬は安全運転を心がけましょう。

 

自動車の運転は常に、危険と隣り合わせです。

このブログをご覧になって頂いて

今後の安全運転に心掛けて頂ければ幸いです。

 

もし交通事故に関してわからないことや、不安がある方は
交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。

 

交通事故相談ダイヤル

06-7891-3719

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

加齢が運転に与える影響について

2018.10.25 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療,豆知識,運転

(運転のイメージ)

 

加齢が運転に与える影響について

 

高齢運転者(65歳以上の運転者)の多くは長い運転経験を持つベテランであり

安全運転のお手本となる存在です。

 

しかし、その一方で個人差はありますが

加齢に伴う視覚機能の低下や反応の遅れなどが運転に影響を及ぼして

思いもよらない運転をしてしまうことがあります。

 

今回は、加齢が運転に与える影響や安全な運転を続けていくためのポイントをまとめました。

 

視力が落ちるなど視覚機能が低下する。

加齢は、視覚機能が弱くなることによって

発見の遅れなどを招く恐れがあると言われています。

 

反応が遅れたり動作の正確さが低下する。

前方に危険を発見したとき運転者は反射的にブレーキを踏み込みますが

こうした反射的な反応も加齢により遅くなると言われています。

また反応は早くても動作が正確でなければ的確な対応は取れませんが

加齢により動作の正確さも低下すると言われています。

 

経験則にとらわれる傾向がある。

長い運転キャリアによる過去の経験則にとらわれる傾向が生じます。

特に走り慣れた道路では、

例えば一時停止の標識のある交差点で

「これまで車や人が出てきたことはなかったから、今回も出てこないだろう」

と一時停止を怠るなど、経験則だけで安全だと判断しがちです。

 

安全運転を続けていくためのポイント。

 

発見の遅れなどに対応できる運転を心がける。

危険の発見が遅れたり、ブレーキのタイミングが遅れても

十分に対応できるようあらかじめスピードを落とす、車間距離をあけるなど

加齢に伴う機能低下をカバー出来る運転を心がけましょう。

 

交差点では満遍なく目を配る。

交差点などの注意しなければならない対象が多い場所では

人や車の動きに満遍なく目を配り危険を見落とさないようにしましょう。

また、信号や標識など運転にとって重要な情報にはしっかり目を向けて確認しましょう。

 

「かもしれない運転」を心がける。

経験則にとらわれ過ぎると「だろう運転」になり

不足の状況が発生したときに的確な対応が取れない恐れがあります。

走り荒れた道路でも常に「かもしれない」という危険を予測した運転を

心がけましょう。

 

体調が悪いときは運転を避ける。

加齢によって疲労の回復力も低下するので

体調の悪いときには運転を避けましょう。

 

また疲労の原因となる長時間の運転は出来るだけ控えるか

止むを得ず長時間の運転をするときはこまめに長めの休憩を取りましょう。

 

 

 

もし交通事故に関してわからないことや、不安がある方は
交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。

 

交通事故相談ダイヤル

06-7891-3719

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

交通事故治療をする必要性について

2018.10.11 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療

(治療のイメージ)

交通事故治療をする必要性について

 

交通事故のけがで大切なことは、

後遺症を残さないことが必要になります。

事故の衝撃で歪んでしまった骨格を適切に調整し

痛めた筋肉をしっかりと治療することが必要になります。

 

・交通事故は初期治療が大事

レントゲンでは異常がなく、

日にち薬なのかとそのまま放置すれば

時間が経っても歪みや症状がそのままで

雨の日に頭痛や長時間動くと

体が辛かったりと体はますます悪くなります。

 

・早期の適切な治療が大切

交通事故の後遺症では、2年、3年経ってから再発したり、

雨の日や冬の寒い時期になると出てくるなど

様々な症状で苦しんでいる方が多くいます。

 

その原因は、初期の段階で症状を軽くみたせいで

治療を十分にしていないケースや

レントゲンに写らないからといって

筋肉や関節のゆがみを適切に治療しなかったことで

起こっている場合も多くみられます。

 

交通事故による後遺症を残さないためには、

初期の段階から適切な治療を行い、

しっかりと完治するまで必要な時間をかけることが大切です。

 

特にムチ打ち症などは

整形外科や病院のレントゲン検査を行っても骨に異常が無いことが多く

筋肉や関節の歪みなどの問題は見過ごされてしまうケースが多いので

プロによる診察、診断が必要です。

 

整形外科や病院のレントゲン検査で異常がないと言われても

痛みや違和感が残っている場合には治療を受けることが必要です。

 

後遺症治療に遅いも早いもありません、悩んだときがその時です。

放置せずに治療に専念しましょう.

 

 

もし交通事故に関してわからないことや、不安がある方は
交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。

 

交通事故相談ダイヤル

06-7891-3719

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

交通事故「むちうち」について

2018.09.28 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療

(むちうちのイメージ)

 

交通事故「むちうち」について

 

車同士の追突事故やバイク事故

自転車と車の接触事故などの場合

その場では特に怪我などの症状が見られないことがあります。

 

しかし、後から頭痛めまい吐き気などの症状が出ることがあります。

その原因の多くは、むちうちであることが考えられるそうですが

時には重症を負っているケースもあるかもしれません。

人によっては1日後に症状が出現する方もいます。

 

むちうち吐き気頭痛の症状が現れるのは

全体の15~30%に及ぶと言われています。

 

 

むちうち」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって

首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものです。

しかし「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく

頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。

 

ただし、適切な治療を受ければ、約40%程度の方は1ヶ月以内で

症状の改善が見られているそうです。

脳や脊髄にも損傷が及んでいる危険性もありますので、

症状が現れた場合には、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

 

しかし、実はさらに重症な怪我を負っている危険性も考えられます。

 

脳しんとう

まず、比較的柔らかいものとぶつかり

頭部やあご付近に長時間の衝撃(含む回転性)を受けた場合

神経伝達物質の過剰放出されることで

「脳しんとう」となる可能性があります。

 

「脳しんとう」を起こした場合にも

頭痛や吐き気、めまいなどの症状が現れます。

 

その他、意識消失や健忘症状、記憶力の低下といった

むちうちよりも重い症状も現れます。

 

もし交通事故のあとに「吐き気」「めまい」「頭痛」などの

症状が出てきた場合はすぐに病院にかかることをお勧めします。

 

 

もし交通事故に関してわからないことや、不安がある方は
交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。

 

交通事故相談ダイヤル

06-7891-3719

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

高齢者と子どもの交通事故 の特徴

2018.09.13 | Category: 交通事故,交通事故のまめ知識,交通事故治療

(事故のイメージ)

高齢者と子どもの交通事故 の特徴

 

いよいよ夏も終わり秋が近づいてきました。
秋は日が暮れるのが早くなる季節で

交通事故が多い時期でもあります。

 

そこで近年増加している高齢者の交通事故と子どもの
交通事故の特徴を調べてみました。

 

・こどもの交通事故の特徴

歩行中は、、、
・飛出し
・信号が変わる直前、直後の横断
・横断歩道以外の横断

自転車は、、、
・安全不確認
・一時不停止
が事故が多いことがわかりました。

 

・高齢者の交通事故の特徴

歩行中は、、、
・信号が変わる直前、直後の横断
・横断歩道以外の横断
・信号無視

自転車は、、、
・前方不注意
・安全不確認
・一時不停止
・ボーッとした運転

 

以上に記載した事故が多いことがわかりました。

 

そこで私たちに何ができるのか?

 

私達1人1人が交通安全意識を高め、思いやりの心を持って
交通事故防止に努めましょう。

もし交通事故に関してわからないことや、不安がある方は
交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。

 

交通事故相談ダイヤル

06-7891-3719

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

ページのトップへ戻る