MENU
TEL LINE

太る人の食事パターンとは?生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 太る人の食事パターンとは?生野区整骨院より

太る人の食事パターンとは?生野区整骨院より

2017.01.11 | Category: 豆知識

akibate

 

 

 

 

 

(食事で悩んでいるイメージ)

太る人の食事パターンとは?|生野区整骨院より

 

体重が増える人、痩せない人には食事の摂取方法にパターンが

あるという事が証明されています。

親元を離れて一人暮らしをしていたり外での食事の機会が

増えたり、学生時代にはなかった、ストレスなどが原因で過食に

走ることなども原因の1つとして挙げられます。

今日は太る人の食事パターンを紹介したいと思います。

 

 

①主食の2重摂取

主食の2重摂取とは、1回の食事でパンとご飯、ご飯と麺類、

というように主食を2種類以上食べることです。

そば屋さんで「天丼とそばのセット」を注文していたり、

「パスタとパン」を注文していたり……。

これらが主食の2重摂取に当てはまります。

 

 

②21時以降の食事をしている

あるいは昼夜逆転の生活をしている人なら、

就寝の3時間前以降に食事を摂っているパターン。

夜遅ければ遅いほど太りやすくなるのは周知の事実ですが、

その主な原因は2つ。

食後の活動量が少ないため食べたものが

  体脂肪として蓄積されやすいこと。

 

もう1つは、脂肪細胞に脂肪をためこむ働きのあるたんぱく質が、

  日中よりも夜に活発に活動することがわかっています。

ダイエットのためには21時以降は何も口にしないのがベストです。

仕事などの都合でどうしても避けられない場合は、

夕方におにぎりなどの主食を食べておき、

それ以降の食事はおかずのみを食べる分食を

するといいです。
 

 

③朝食抜きで1日1~2回の食事

こちらも、特に1人暮らしをしている人に当てはまることが多く、

「朝食の欠食」については、現代の課題点として挙げられています。

朝食を抜くと、空腹感が強くなることで昼食の暴食を招き、

主食中心の食事になることで栄養バランスが悪くなります。
 

 

朝から食欲が出ないと人は、

前日の夕食を早い時間に食事を軽めにし、

朝はいつもより30分早起きをして朝食までの間に時間を作って

空腹感をしっかり感じれるようにすると良いでしょう。

以上が太る人の食事パターンです。これらに当てはまっていると、

いくら運動を一生懸命頑張ってもダイエット効果を出すのは

難しいので参考にしてみてください。

 

当院では食事のパターンや悩みがある方など様々なことに

ついて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る