MENU
TEL LINE

居眠り運転と交通事故を防止しよう | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 居眠り運転と交通事故を防止しよう

居眠り運転と交通事故を防止しよう

2015.11.24 | Category: 交通事故のまめ知識

ダウンロード (2)

 

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

居眠り運転と交通事故を防止しよう

 

皆様は運転中に眠気を感じたことはありますか?
旅行などで長い距離を運転するときは危険です。
高速道路などでは景色も単調だし、
ハンドル操作が少ないため
眠気を誘いますよね。

 

 

居眠り運転の原因のほとんどは「疲労」と
「睡眠不足」
だそうです。
居眠り運転と交通事故を防止するためには、
疲れているときや睡眠不足のときは運転を控えましょう。
運転前に眠気を誘う成分の入った薬の服用にも注意しましょう。

 

 

もう1つは、一般的に昼食を
とった後の午後1時~3時の間は眠気が強くなるという
傾向があるので注意が必要です。
運転中の眠気を防止するポイントは
「疲れを感じる前に休憩をとる」ことです。
長時間のドライブでは最低でも2時間に1回は休憩を
取るようにして下さいね。

 

 

休憩が終わり車の運転に戻る際は、

体を動かし血液の循環を促しましょう。

 

 

ガムや昆布を噛むことは、
脳の血管を拡張させて血行を良くするため、
眠気防止の効果があるといわれています。
また、脳は糖分が不足して血糖値が下がることで
疲労を感じるため、休憩中は糖分の多く含まれた飲み物を
飲むようにしましょう。

 

12月は、冬休みや年末のお休みは運転が多くなりますので
交通事故などに遭わぬように、十分注意していきましょう

ページのトップへ戻る