MENU
TEL LINE

冬になると太りやすくなる理由は?「冬太り」対策 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 冬になると太りやすくなる理由は?「冬太り」対策

冬になると太りやすくなる理由は?「冬太り」対策

2018.12.19 | Category: 豆知識

 

(太りやすくなっているイメージ)

 

冬になると太りやすくなる理由は?「冬太り」対策

夏の期間にどれだけスタイルをキープできていても、
冬になると、急に太ってしまうという方もいるのでは?
今回は、今から実践できる「冬太り」対策をご紹介したいと思います。

〇「冬太り」の原因とは?

ただでさえ冬は身体が冷えやすく、免疫力も下がりやすい時期。

身体の解毒・排出・発汗作用なども衰えやすい季節です。

寒さから体を動かすことが億劫になり、
どうしても運動不足に陥りやすくなります。

にも関わらず、お正月の前後約1ヶ月間は、忘年会、クリスマス、新年会…など、
塩分や油分、糖質たっぷりの食事やお酒を楽しみすぎてしまうと、
お腹周りのもたつきや、むくみになりやすくもなります。

〇冬太り防止に効果的な方法とは?

冬の体重増加を回避するために今からできる、
おすすめの「冬太り」対策方法なので
ぜひお試しください!

1. むくみ予防の野菜スープ生活

この時期の主な体重増加の原因のひとつは、
塩分の摂り過ぎによる“むくみ”。

外食やおせち料理など、味付けの濃い食事が続くことで
塩分摂取量が増えると、体が水分をためこもうとして、
どんどんむくみやすくなります。

むくみ太り対策には、緑黄色野菜や芋類、
海藻など「カリウム」の含まれる食材を、
温かいスープにして食べるようにしましょう。

身体を温める作用のある生姜や、
血流促進作用のある玉ねぎを加えてスープのベースを作っておけば、
具材を変えるだけでバリエーションを楽しめます。

食物繊維たっぷりなので、便秘改善にもなります。

2. 睡眠の質を上げる空間づくり

仕事にイベントに慌ただしい年末年始。

睡眠時間が短かくなってしまう日も増えますが、
“睡眠不足”になるとホルモンバランスが崩れてしまい、
食欲が増進!体重増加につながりますので、
夜は早寝を心掛けましょう。

睡眠時間を確保できない時でも、
良質な睡眠がとれるようにリラックスできる空間を作るといいでしょう。

間接照明を灯したり、アロマを焚いて、
睡眠モードに切り替えることが大切です。

3. 血流改善に導くセルフリフレ

特に「冬太り」に注意が必要なのが、
冷え性や、肩こり、首こりなど“血行不良”による不調に悩まされている人。

冷えやストレスが原因で血流が滞っている人は、
代謝の低下により、体重が増加しやすい傾向にあります。

代謝を上げるために、血流を良くする効果が期待できる
「リフレクソロジー」をお風呂上りや寝る前に行うようにしましょう。

たった3分ほどでも、足裏を揉みほぐすうちに
体がポカポカしてくるのを感じられます。

おススメのツボ→湧泉

 

「湧泉」は、足の裏にあるツボです。

足指を足底側に曲げると足の裏に人の字が現れ、
その交点に凹みができます。

その凹みが「湧泉」です。

「湧泉」の「湧」は湧くという意、「泉」は泉で、
このツボを刺激すると生命エネルギーがコンコンと湧くという意味で、
重要なツボのひとつです。

一時、青竹踏みや健康サンダルが流行りましたが、
今は足の裏のマッサージが人気です。

★本当は冬は痩せやすい季節。

夏は汗を沢山かくからカロリーも消費している!というのは誤解。

実は冬の方が日常でカロリーを消費しています。

ヒトには、体温をはじめ体の状態を一定に保とうとする
『恒常性機能』が備わっています。

寒い冬、気温低下に伴い体温が低下しすぎないよう、
この恒常性機能が働き、体温を上昇させようと基礎代謝、
つまり、何もしなくても消費されるカロリー量が上がるのです。

意外かもしれませんが、冬こそダイエットを
頑張ったほうが 実は楽なんですよ!

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る