MENU
TEL LINE

寒い時期はヒートショックにご注意!! | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 体調不良,冷え,鍼灸治療 > 寒い時期はヒートショックにご注意!!

寒い時期はヒートショックにご注意!!

2018.11.15 | Category: 体調不良,冷え,鍼灸治療

(お風呂のイメージ)

寒い時期はヒートショックにご注意!!

 

最近はだんだんと気温も下がってきて

めっきり寒くなってきました。

この季節に気を付けなければいけない事の一つに

ヒートショックがあげられます。

 

冬場に温かい部屋から寒い廊下にでた時などに、

体が「ブルブルッ」と震えたことはありませんか?

 

冬になれば、トイレや入浴中に

体調を崩すといったといったニュースを見たことはありませんか?

 

実はこの体調を崩す原因が、ヒートショックなのです。

 

今回はヒートショックの原因や対策について紹介します。

 

 

ヒートショックとは?

例えば、寒い冬にお風呂に入るとします。

この時、暖房のよく効いた暖かい部屋から、

暖房の効いていない脱衣部屋で服を脱ぐと

体が急に冷やされます

 

その後、熱い風呂でお湯につかることで、

また、急に体は温められます

 

体は急に冷やされたり、温められたりすることで

血圧や心拍数に急激な変化が起こります。

 

急激な変化とは血圧の上昇や下降、心拍数が速くなったりする状態のことを言います。

 

 

室温が急激に変化したことにより、

体が体温を調節しようと、

血管が収縮し、血圧や脈拍が上昇します。

これにより、ヒートショックの症状である

脳出血や脳梗塞などの「脳卒中」、「心筋梗塞」が起こります。

 

 

ヒートショックの原因

 

①暖房のよく効いた温かいリビングなどの部屋から

 寒い脱衣室に入り服を脱いだり、寒い廊下やトイレに行く。

 

②寒い脱衣室からお風呂場に入り、

冷えた体を一気に熱いお湯につかる。

 

お風呂で長時間温まった後に脱衣室に移動し、

冷たい空気にさらされる。

 

④寒い冬だけでなく

ヒートショックは真夏にも起こります。

冷凍倉庫で作業した後や冷房のよく効いた部屋から、

急に真夏の炎天下に出た場合。

 

温度差があるほどヒートショックが起こる可能性が高くなり、
10℃以上温度差がある場合要注意です。

 

 

 

ヒートショックを起こしやすい人とは?

 

①65歳以上の高齢者高血圧

②糖尿病

③動脈硬化である人

④不整脈がある人

⑤肥満気味の人

⑥熱い風呂に入る人

⑦一番風呂に入ることが多い人

 

特に65歳以上の高齢者は、

血管が弱くなっていて血圧の上昇幅が大きく

ヒートショックを起こしやすいので気をつけましょう。

 

 

ヒートショックの対策や予防法

 

①食後1時間以上空けてから入浴する。

 

②入浴前後にコップ1杯づつ水を飲む

 

③脱衣室・浴室を暖かくしておく

 

④お湯の温度は低めに

 (38℃~40℃)程度のぬるめにします。
 

⑤かかり湯をしてから浴槽に入る

 

また、急に立ち上がったり

いきなり湯船に入らないようにしましょう。

血圧が一気に上がることがあるので注意しましょう。

 

 

当院では、血圧を調整する効果のあるツボを使い

鍼灸を用いて体を温めて自律神経を整える治療を行います。

 

当院では貴方の症状が少しでも楽になるように

様々な症状に対して

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

などを行っています。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

ページのトップへ戻る