MENU
TEL LINE

1ー2時間の睡眠不足で車の事故はなんと2倍に!! | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 1ー2時間の睡眠不足で車の事故はなんと2倍に!!

1ー2時間の睡眠不足で車の事故はなんと2倍に!!

2018.11.07 | Category: 交通事故のまめ知識

 

(睡眠不足なイメージ)
 
1ー2時間の睡眠不足で車の事故はなんと2倍に!!
 
アメリカ自動車協会交通安全基金が2016年12月に
まとめた新しい調査によると、
24時間のうち7時間の睡眠をとっているドライバーと比べ、
1〜2時間少ない(6~5時間)運転手は、
事故のリスクが倍増することがわかりました。
 
今日はそのデータなどを紹介したいと思います。
 
 
〇睡眠不足と事故の危険性。
 
2005年から2007年までにアメリカで起こった7,234人のドライバーと、
4,571件の事故を調べました。
 
それによると睡眠時間が6時間の場合、
7時間睡眠をとっている場合と比べ1.3倍の事故リスクがあり、
5時間だと1.9倍。
 
睡眠時間が4時間の場合、事故リスクは4.3倍に跳ね上がり、
4時間未満ではなんと11.5倍の事故リスクがあるのです。
 
「5時間以下の睡眠時間での運転は、飲酒運転の危険性と同等のリスクがあります」
という結果が出ています。
 
同じ調査ではドライバーの97%が「睡眠不足の運転は危険」と
認識していることもわかります。
 
米国疾病対策センター(CDC)によると、アメリカのドライバーのうち35%が
7時間以下の睡眠時間で運転しているという研究もあります。
 
 
〇事故のリスクを軽減するには?
 
こうした睡眠不足の状態での事故リスクを少なくするには、
まずは7時間程度の睡眠時間を確保することです。
 
ほかにも、2時間以上連続運転しない、
同乗者と急に交代する、食べすぎないなど、
意識すれば改善できるばかりのものなので
注意しましょう。
 
こうしたデータを見ることで睡眠不足のリスクは
はっきりとわかるようになります。
 
頭の中に少しだけ入れておけば事故する確率は
下がりますので是非参考にしてください。
 
そして、どうしても運転中に眠くなったら、仮眠をとってくださいね。
 
当院では、交通事故の治療を行うことができます。

 

事故で痛めた筋肉に対してPNF治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減され、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る