MENU
TEL LINE

秋の花粉症にご注意を!! | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 秋の花粉症にご注意を!!

秋の花粉症にご注意を!!

2018.10.24 | Category: 豆知識

 

(花粉症になっているイメージ)

秋の花粉症にご注意を!!

 

花粉症と言えば、春の季節の代名詞でもありますが、
実は秋にも花粉症はあるのをご存知でしょうか?
 
ここ最近では秋になると鼻や眼がむず痒くなり、
もしやと思って病院に言ったら、見事秋の花粉症です!
と宣言された方いないでしょうか。
 
今回は秋の花粉症について、
原因や対策などをご紹介したいと思います。
 
 
★秋の花粉症の原因となる草花は?
 
秋はブタクサやヨモギなどキク科の花粉が多く、
ブタクサ花粉症においては日本で最初に
見つかった花粉症だと言われています。
 
ブタクサ、ヨモギは全国的に分布しているキク科の植物です。
開花時期は8月~10月頃、ブタクサは黄色、
ヨモギは紫褐色の花を咲かせます。
 
キクのように、秋に黄色く咲く草花には
花粉症を誘発するものが多いので
注意が必要だという事を覚えておくと良いと思います。
 
また、見た目が稲穂のようなイネ科の花粉も、
秋の花粉症の原因と言われています。
 
 
★それぞれの草花のピークは?
 
〇ブタクサ 7月~12月
〇ヨモギ 8~11月
〇カナムグラ 8~11月
〇イネ科 9~11月
 
 
★秋の花粉症の症状は?
 
<花粉症の症状>
 
・鼻水がサラサラで垂れてくる
・鼻づまりがひどい
・目のかゆみや痛みがある
・くしゃみが止まらない
・発熱はない、もしくは37.4度までの微熱である
・晴れた日に症状が強く現れる
・これらの症状は昼間よりも朝晩にひどくなりやすい
 
<風邪の症状>
 
・鼻水が黄色く粘りがある
・目のかゆみや痛みがない
・のどの痛みがある
・高熱が出る
・天候と症状に関係がない
・特に症状の出やすい時間帯はない
 
季節の変わり目に発症する秋の花粉症は、
風邪と勘違いされる方も多いので
症状の違いについて把握しておくことが必要です。
 
既に花粉症の人は、当然!と思うでしょうが、
今年から花粉症になってしまったという方は是非参考にしてみてください。
 
 
★秋の花粉症の対策は?
 
まずは、大人はもちろんですが、
お子様がいるご家庭が気を付けないといけないことは、
堤防や河原など水気があって雑草が多く生えているような場所には
行かないという事です。
 
その他の対策としては、基本春の花粉症と同じで
しっかりゴーグルやマスクなどで目や鼻を防護することです。
 
自分の症状が把握できないときには迷わず病院に行って、
薬を処方してもらいましょう。
 
→花粉症に効果のあるツボ

 

「曲池(きょくち)」
ひじを曲げた時にできるシワの外端にあるので、

探しやすく、押しやすいツボといえます。

目の不快な症状を緩和したり、さまざまなツボを

押した時にバランスを取るのに有効なツボです。

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

ページのトップへ戻る