MENU
TEL LINE

9月は高血圧になりやすい? 高血圧対策とは。 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 9月は高血圧になりやすい? 高血圧対策とは。

9月は高血圧になりやすい? 高血圧対策とは。

2018.09.27 | Category: 豆知識

(血圧が高くなっているイメージ)

9月は高血圧になりやすい? 高血圧対策とは。

すっかり過ごしやすい季節となってきましたが、
意外と9~10月は朝晩は冷え、日中は暑くなり
血圧が上昇しやすい月なのをご存じでしょうか。

今日は血圧上昇に注意が必要な時期と、
血圧を下げるポイントについてご紹介していきたいと思います。

★血圧は「冬高夏低」。特に注意が必要な月は?

① 1年で最も血圧が高いのは12月~2月
気温が低いことに加え、年末年始の暴飲暴食も関係があります。

② 9~10月は、急激な血圧上昇に注意
季節が夏から秋にかわる9~10月に急激な最高血圧値の上昇の可能性があります。

気温が低い時期、気温変動の激しい季節の変わり目に注意が必要です。

〇血圧を下げるポイント

① 塩分の摂り過ぎに注意!
1日の摂取塩分量は、6g以下にとどめましょう。
→味噌汁は1杯1.2gです。

日本人は平均11~12gほど摂っているといいますから、
なかなかたいへんそうです。

1gの塩分→しょうゆだと小さじ1杯、
みそだと1と1/3杯ほどです。

② 適度な運動を!
運動中は血圧が上昇しますが、
適度な運動を続ける事によって血圧を下げる効果が実証されています。

また、血圧を上げる原因である肥満を予防、解消する効果も期待できます。

1日30分以上のウォーキングがおススメです。

③ ストレスをためない!
血圧はストレスと深い関係があるといわれています。

ストレスを受けると、自律神経が影響を受け、
血圧が上がりやすくなります。

深呼吸を習慣にする、睡眠を十分とる、
趣味などリラックスできる時間をとる、
笑うことを心がけるなどで、
ストレスをためないようにしましょう。

ストレス解消にといって、飲酒や喫煙などの嗜好品は控えめに。

特に喫煙は血管を収縮させるので、やめることをおすすめします。

★血圧には毎日注意、早め早めの対策を!

高血圧は放っておくと、動脈硬化・脳梗塞・脳出血につながる怖い症状です。

血圧高めの方はできれば毎日測定し、
改善しないときは早めに医師に相談に行きましょう。

(当院の箱灸治療!!)

当院の箱灸治療は自律神経を整えることで、
疲労感や体の疲れを解消したり、
強い体になりにくい体作りを
目標に治療することができます。

当院では体の不調やお悩みの

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る