MENU
TEL LINE

長引く秋風邪予防対策 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 長引く秋風邪予防対策

長引く秋風邪予防対策

2018.09.20 | Category: 豆知識

(風邪のイメージ)

 

長引く秋風邪予防対策

 

 

暑い夏が終わって夏風邪の時期が終わったと思っても

油断していてはいけません。

 

風邪は夏か冬にかかるというイメージがありますが、

秋も風邪に注意が必要です。

 

夏の暑さが終わって疲れが出てくる秋に

抵抗力が少なくなってくる今

風邪をひく人が増えています。

 

秋に引く風邪の特徴

症状としては、普通の風邪と変わりません。

喉の痛みや咳、発熱、

そして頭痛などの症状が現れます。

 

秋風邪は症状がそれほど強くないのですが

長引くと言われています。

 

秋のはじめは日中は暑い日もありますが、

朝晩は冷えるために温度差が激しいです。

 

また、夏バテが続いていて、体調が良くない上に

風邪を引けばなかなか治りません。

 

温度差などで喉を痛めていつまでも

咳が止まらない人もいます。

 

秋に引く風邪の予防

空気が乾燥している秋は咳などを

引き起こす原因をつくります。

 

秋の朝晩の冷えも風邪を引き起こしますから、

寝ている間も注意をすることが必要です。

 

①睡眠を見直す

厚い布団をかけることはかえって汗をかいてしまって

よくありませんが、大事な喉を守るために、

寝るときは首にタオルを巻くようにしましょう。

 

それだけで冷えを防ぎますから、

後は薄い布団をかけるだけで大丈夫です。

 

体が疲れていると風邪に対する抵抗力が弱まります。

体の疲れはオフロにゆっくり入ってとりましょう。

 

②入浴を見直す

熱いお湯に長くつかっていると、

かえって疲れてしまいます。

 

ぬるめのお湯に浸かったり半身浴をするなどして

しっかり疲れを取ってください。

食べるものや飲み物も注意が必要です。

 

③食べ物を見直す

まだ暑い日もあることから冷たいものや

冷たい飲み物ばかりほしい、という人もいるでしょう。

 

しかし、冷たいものばかりを食べていては、

胃腸が弱ってしまいます。

 

風邪を予防して元気な体を作るためには、

あたたかい食べ物や飲み物にすることがおすすめです。

 

冷たい水やジュースを飲むよりも、

温かいお茶を選びましょう。

 

当院ではお灸による治療も行っています。

 

④自律神経を整える

お灸をすることにより自律神経を整え、

体質改善を行い、風邪をひきにくくすることができます。

 

そうして健康な体つくりの手助けすることもできます。

 

当院では自律神経を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

経絡(ツボ)に対してお灸をする事で体を興奮させる神経を刺激して

体の芯から体温をあげて自律神経を整えることができます。

 

その際に症状に対して効果のあるツボを用いて

特殊な鍼灸治療を行います。

 

興味のある方は一度当院にお越しください。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る