MENU
TEL LINE

交通事故が増える秋~魔の時間帯~ | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識,交通事故治療 > 交通事故が増える秋~魔の時間帯~

交通事故が増える秋~魔の時間帯~

2018.08.30 | Category: 交通事故のまめ知識,交通事故治療

(事故のイメージ)

交通事故が増える秋~魔の時間帯~

 

空が茜色に染まる秋の夕暮れ時は風情を感じます。

 

しかし、実は危険な時間帯だということをご存知ですか?

 

時間帯別の事故発生数を見ると、最も多いのは16時〜18時。

この時間帯は、多くの人の帰宅時間帯にあたるため

必然的に交通量や人の出入りが多くなります。

 

なおかつ、16時~18時は日が沈んであたりが暗くなる頃。

魔の時間帯とも言われ、ドライバーや歩行者の視認性が下がり

お互いの存在に気づきにくくなります。

 

先程も説明した通り、日没後に急激に暗くなってしまう秋は

特に注意が必要となります。

 

さらに、夏は日没から約2時間かけて、ゆっくりと夜になっていきますが

秋は日没後約1時間半で夜を迎えます。

このわずか30分の差も交通事故を引き起こす要因となりうるのです。

 

 

また、高齢者の場合、歩行中の死亡事故が非常に多くなっています。

 

夕暮れ時に徒歩で移動する場合は、反射材をつけるなど

遠くからでも存在を認識してもらえるような工夫を行ってください。

 

また、今では静かに走行できる車が増えていますので

ドライバーはヘッドライトの早期点灯を心がけるようにしてください。

 

一人ひとりのちょっとした気遣いで、救われる命があるということをお忘れなく。

 

 

交通事故相談ダイヤル

06-7891-3719

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

事故で痛めた筋肉に対して特殊電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し

全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

ページのトップへ戻る