MENU
TEL LINE

今年の猛暑に要注意!「かくれ脱水」原因と対策方法 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 今年の猛暑に要注意!「かくれ脱水」原因と対策方法

今年の猛暑に要注意!「かくれ脱水」原因と対策方法

2018.08.03 | Category: 豆知識

 

(猛暑で体調が悪そうなイメージ)

今年の猛暑に要注意!「かくれ脱水」原因と対策方法

特に今年の夏は暑く、
太陽がギラギラと照りつけ気温が高い日が増えています。
そして、まだ体が暑さに慣れていない
梅雨明けころから急増するのが「脱水症」。
 
最近では自覚を持ちにくい「かくれ脱水」になる人も多いそうです。
脱水症は年齢を問わず誰でもかかりますが、
特にこの時期は外回りが多い営業職の方は注意が必要です。
 
「脱水症」や「かくれ脱水」、その症状や原因はなに?
どうやって予防すればいいの?
脱水症の対策方法について今日は紹介していきたいと思います。
 
 
★脱水症とその原因とは?
 
「脱水症は、何らかの原因で体液が失われた状態」だといいます。
その主な原因としては食欲低下や水分補給不足などによる
水分摂取の不足のほかに、下痢や嘔吐、発熱、発汗などに
よる体液喪失が挙げられます。
 
成人の場合、体液は体全体の60パーセントほどを占めています。
しかし気温の上昇や激しい運動で汗をかいたり、
下痢や嘔吐で体液を排出したり、
体から水と塩分が失われた結果として脱水症を招きます。
 
脱水症は単なる水分不足ではなく、脳や消化器系、
筋肉にまで異変が出てしまう、実は危険な状態であるといえます」
脱水症の度合いは、体液が失われることにより
3段階に分けられます。
 
①軽度 症状:めまい、立ちくらみ、口渇感
②中等度 症状:頭痛、悪心、嘔吐
③重度  症状:意識障害、けいれん
 
 
★熱中症予防と脱水症。
 
「脱水症が進行すると『熱中症』になります。
熱中症は高温多湿な環境で労働や運動を続けていると起こるもので、
体は汗をかくことで高くなった体温を下げ熱の調節をしますが、
発汗が続くと体から水分が失われ体液不足(脱水症)になります。
そのままさらに発汗が続くと、
今度は体液の減少を防ぐために体が発汗をストップさせます。
 
すると体温の上昇を防ぐことができず、
熱中症になってしまうのです。そうなると体の臓器に悪影響が及び、
めまいや立ちくらみ、頭痛や吐き気、
さらには脳へのダメージが意識障害やけいれんなどを引き起こします」
 
 
★夏バテも脱水が原因!? 自覚症状のない「かくれ脱水」とは?
 
『かくれ脱水』とは、我々かくれ脱水委員会が提唱した言葉で、
軽度の脱水症よりもさらに前の段階のことを指します。
脱水症は進行するまで症状が出にくいことが特徴。
 
私たちは、脱水症になりかけているのにそれを自覚していないまま、
さらに有効な対策がとれていない状態を『かくれ脱水』と呼んでいます。
 
具体的な自覚症状はなくても、何となくだるい、
食欲がない、疲れがとれないなどと感じたら、
かくれ脱水の可能性があります。
かくれ脱水になりやすいのは特に以下のような方で注意が必要です。
 
・高齢者(年齢を重ねるにつれて体液が減少していくため)

・太った女性

・ダイエット中の方

・不規則な生活の方

・アルコール多飲の方

・朝ご飯を抜いている方

「かくれ脱水は誰でもかかるし、かかったことがあるものだったりします。
実は、二日酔いや夏バテなどもかくれ脱水の一つなのです」
 
 
★脱水症の対策。
 
1、規則正しい食生活
夏場は、水分が多く含まれる野菜や果物などが脱水対策に適しています。
特に夏野菜のキュウリやトマトは水分が90%以上のため、おすすめです。
 
2、暑熱環境を避ける
皮膚に日が当たると体温が上昇するため、
外出時は肌の露出に十分注意してください。
特に太い血管がある首はその影響が大きくなるので気をつけましょう。
 
おススメのツボ→神厥(しんけつ)
 

 

おへそにあるツボ、神厥です。
神厥は「押す」ツボではなく、「温める」ツボです。
お腹は、体温調節の要です。
暑いなか、ちょっと大変かもしれませんが、じっくりと温めてください。
 
お灸などがベストですよ。
体温調節のほかにも、おへそのまわりには自律神経が密集しています。
温めることで、胃弱・下痢・便秘などの胃腸の働きを活発にしたり、
自律神経失調症の予防&改善したり、オススメです。
 
体温を適切に調節できれば、バテにくくなるんですね。
夏本番に向けて、ツボ押しをはじめてみてはいかがでしょうか。
 
 

当院では体温調整のお手伝いや体調不良を整える為に
鍼灸治療、マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく少しでも

お悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る