MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

怪我をしてしまった時の病院は?居眠り運転

2011.09.17 | Category: 交通事故のまめ知識

本日は、『居眠り運転で怪我をしてしまった時の病院は?』についてです。


もちろん居眠り運転はいけません。

運転する際はしっかりと睡眠をとり体調を整えてから運転しましょう。

そして、休憩はこまめにとってくださいね。


さて、起こってしまったことは仕方ありません。

では居眠り運転で怪我をしてしまった時の病院はどこへ行けばいいのでしょうか?


答えは、まず最初に当院にご相談ください。

あなた様に合った病院、治療法をご紹介させていただきます。


詳しくはこちらをクリックしてください。


〔相談〕交通事故での痛みは些細なことでも訴えるべき?

2011.09.16 | Category: 交通事故のまめ知識

今日は、『交通事故での痛みは些細なことでも訴えるべき?』について


もちろんYESです。


なぜかと申しますと、最初にしっかりと痛いところを訴えておかないと保険会社に認めてもらえないことがあります。

事故をしてから一ヶ月後に首が痛くなってきました。と伝えても保険会社としたら 交通事故による痛みなのか最近痛くなったのか判断ができません。


よって、最初に少しでも痛みがあるようならしっかりと症状を訴えましょう。

病院は?追突事故による怪我の場合

2011.09.15 | Category: 交通事故のまめ知識

追突事故による怪我はどこの病院に行けばいい?



答え:病院(整形外科、外科)整骨院、鍼灸院等で追突事故の治療は受けられます。



どこの病院に行けばいいかわからない方は一度 交通事故専門ダイヤル(06-7891-3719)まで。


追突事故にあった際すぐに実行して欲しいことがあります。

しかもするかしないかで その後の症状(予後)が変わってきます。


それは何なのかと申しますと・・・


患部を冷やすことです。


ただ冷やすだけではなく 袋に氷と水を入れて直接患部を冷やします。(10分程度)

冷やすことで炎症が抑えられ痛みが軽減します。


しかし、病院ではなかなか氷くださいとは言いにくいですね。


そこで、こう伝えて欲しいのです。

『首が痛くて冷やしたいのですが、アイスノンみたいなのありますか?』と聞いてください。

ご注意

アイスノンの場合は直接冷やすと凍傷する可能性がありますので、薄いハンカチ等でくるんでから冷やしてください。


もちろん整骨院でも治療、リハビリを行うことができます。

詳しくはお気軽にお尋ねください。

追突事故による怪我はどこで治療受ければいいの?

2011.09.14 | Category: 交通事故のまめ知識

追突事故による怪我はどこで治療受ければいいの?


答え:病院(整形外科、外科)整骨院、鍼灸院等で追突事故の治療は受けられます。



どの治療院を選んでいいのかわからないあなた。

当院の交通事故専門ダイヤルへお問い合わせください。

(06-7891-3719)


もちろん整骨院でも治療、リハビリを行うことができます。


参考までに

当院では交通事故を専門的に治療を行うことが出来ますので安心して治療をうけていただくことができます。


他の治療院と何が違うのかと申しますと←クリックしてください。


交通事故・むちうち専門院


プロスポーツ選手が使用する最新電圧治療器導入


痛くない鍼灸治療が得意


姿勢のプロが行う身体に優しい矯正治療が得意


インフォームドコンセントをしっかり行います。



どうしていいかわからない方は当院に直接ご相談ください。(相談無料)
06-7891-3719

≪怪我をしました≫追突事故の場合?

2011.09.13 | Category: 交通事故のまめ知識

追突事故で怪我をした場合は?



交通事故で鞭打ちにあった際一番最初に大阪の当院にお電話をください。

そして、どのように対処するべきなのかアドバイスさせていただきます。

流れとしては、

交通事故専門ダイヤル(06-7891-3719)

     ↓

当院から症状にあった専門医にご紹介

     ↓

そこで精密検査をして結果を報告

     ↓

当院で交通事故専門治療を行います。

     ↓

保険会社への対応アドバイス

     ↓

治癒(示談)


交通事故初期にしっかりとした治療をしなければ、後遺症が残ってしまうこともありますので、ちゃんとした対応してくださいね。



”おかま事故”追突事故でむちうちの治療を受けるには?

2011.09.12 | Category: 交通事故のまめ知識

追突事故でむちうちの治療を受けるには?(おかま事故)


追突事故というのは基本的に車に乗車中(特に信号待ち)に後方から車が突っ込んでくることが多いです。(おかま事故)


周りの知人や友人、家族に追突事故されて首が痛いとかむちうちになったというかたはおられませんか?

意外と多いことにびっくりしませんか?

実は交通事故は一日に2000件も起こっているのが現状なのです。


では、追突事故を受けた場合どのように対応したらいいのかと言いますと、まず当院に連絡をください。

当院からレントゲン等の検査を専門でしている病院を紹介させていただきます。

そして、レントゲンやCT、MRI等の検査もしっかりとしてもらい体に異常がないか調べてもらいましょう。

その日に痛みが無く検査でも異常が無いと言われても後日痛くなってくるということは多々あります。交通事故特有の症状ですね。

しかし、そこで病院にすら行っていないとその痛みは事故によるものかどうかわからないので認められないというケースもあります。

まずは一度ご連絡をください。

06-7891-3719

そのあとのリハビリについてはこちらをクリック

(訴訟)?交通事故による起訴とは?

2011.09.11 | Category: 交通事故のまめ知識

交通事故による起訴(訴訟)とは?


交通事故を起こして人を死傷させると、刑法211条に該当するので、「7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」に処せられます。
これが自動車運転過失致(死)傷罪です。


民事上は損害賠償が認められても、刑事事件では無罪となることもあります。犯罪事実の認定方法の違いから、民事裁判よりも厳格な証明を要する刑事裁判には「疑わしきは罰せず」の理論がはたらくからです。

交通違反や交通事故の裁判は、そのほとんどが略式命令であり、書面審理のみで処理されています。いわゆる罰金刑のものです。

重大な事故で、検察官によって起訴され、公判請求される事件は業務上過失事件の1%にも満たないのが現状です。

もちろん事故に遭わないことが一番大切です。

事故に遭わないようにするために心がけることは、『だろう運転』をしないことです。こちらは自転車だから車は止まってくれるだろう。とか、車運転中に車間距離を詰めても前の車が急にブレーキを踏むことはないだろうとういう気持ちにならないようにしてください。

もちろん、車よりも自転車や歩行者が弱い立場にあり、歩行者優先と思いがちですが、弱い立場にある側も気をつけなければいけませんね。


しかし、事故に遭い痛みにお悩みの方はこちらへ(こちらへ)

知っていますか?交通事故裁判の流れ

2011.09.10 | Category: 交通事故のまめ知識


交通事故に遭ってしまった場合


まず、どうしたらいい?


保険会社とのやりとりや示談交渉、どうしたらいい?


交通事故は実際よくあることです。

(1日約2000件の交通事故が起こっています。

あなた自身がまだ遭っていなくても、運転中、事故車両を見かけたことは何度でもあるのでしょうか?

交通事故に遭遇し、相手方との交渉が不利に終わってしまった。


では、遅いのです


事故に遭わないような運転をするのがもちろんですが、いくら注意をしても被害者になることもあります。

もし、交通事故に遭遇してしまった場合、まず、何をするべきなのでしょうか。


そして相手方との示談交渉は、こちらが交通事故示談交渉の知識を持っていることが大切です。


何も知らない、では相手方の有利にことが運んでしまいます。


そして話し合いがまとまらない場合、裁判所に訴えるというのは国民の権利ですので、然問題ありません

しかし、裁判というのは、膨大な資料や証拠の準備が必要になります。


裁判に出席するのも平日ですし、できるだけ裁判をしない方が実は得なのです。

裁判にしないためには、やはり示談交渉がお互いに妥協できる内容であることが必要です。


示談交渉を有利に運ぶために、一番必要なのは、理論的根拠です。


それを加害者は誠意とともに示しているか、被害者は相手が誠意を示す交渉をしているのかどうか、を見極めるためにも理論的根拠を知る必要があります

もちろん治療をどれくらいの期間行なっていたのかも重要なポイントになります。


詳しくはお気軽にお尋ねください。

お聞きしたいのですが・・・交通事故の治療は保険が使えるの?

2011.09.09 | Category: 交通事故のまめ知識

交通事故の治療は保険が使えるの?

答えはYESです。

しかも、いつもの健康保険ではなく自賠責保険、任意保険が使用できます。


この保険は車等の事故でしたら強制的に入っている保険となりますので自分が入っていなくても相手側が入っていますので、心配なさらなくて結構です。


こちらの保険を使うことのメリットは

交通事故で負傷した場所の治療は実費治療でも特別治療でも患者様がお金を支払う必要がないことです。(自己負担0円)

一日も早く効果的に治療される方は自陪席保険を使用される方が賢明かもしれませんね。

後遺症が残る?交通事故でのむちうちを放っておくと・・・

2011.09.08 | Category: 交通事故のまめ知識

交通事故を放っておくと後遺症が残る?


答えはYESでもありNOです。

曖昧な答えですいません。


質問を少し変えさせて頂きます。


交通事故でのむちうちを放っておくと後遺症が残りやすい?

答えはYESです。


交通事故でのむちうちは初期段階では痛みがあまりなく治療も途中で終わってしまうと寒くなってきたり季節の変わり目に痛みやめまい、吐き気がでる方も多くいらっしゃいます。


後遺症になってしまいますと痛みが収まるまではとても時間が掛かりますので、

初期治療をしっかりとして、後遺症が出ない体作りをしていきましょう。

大阪生野区にある当院では最後までしっかり治療させていただきます。

ページのトップへ戻る