MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 腰の痛みについての記事一覧

ギックリ腰について

2018.02.15 | Category: 腰の痛みについて,腰痛,鍼灸治療,骨盤矯正

(ギックリ腰のイメージ)

ギックリ腰(急性腰痛症)について

 

ギックリ腰の痛みは、経験者でないとわからないほどつらいものです。

ほとんどの人は激痛に顔をしかめ、その場で横になったまま動けないほど。

何の前ぶれもなく突然起こるので、ヨーロッパではギックリ腰を

「魔女の一撃」といいますが、まさにそんな感じです。

 

ギックリ腰は通称で病院などでは「急性腰痛症」の一つと言われています。

 

一般的にギックリ腰は

重いものを持ち上げたときに起こりやすいといわれています。

 

ところが実際には、咳やくしゃみをしたとき

ベッドや布団からからだを起こそうとしたとき、顔を洗うとき

イスに腰かけて横や後ろのものを取ろうとしたとき

ゴルフや野球の素振りを軽くしたときなど、いろんななケースがあります。

 

日常の何げない動作をしたときに、だれにでも起こりうるものなのです。

 

ギックリ腰は従来、急性の一時的な腰痛と思われていました。

ところが適切な手当てをせず長引かせてしまうと

慢性の腰痛になる可能性が高くなります。

 

とくに中高年の場合には、しっかりケアをしないと再発しやすい傾向もみられます。

 

それだけに、ギックリ腰を起こしたときの

対策や再発を含めた予防について、きちんと知っておくことが大切です。

 

 

ギックリ腰は重症の場合立ち上がることもできないのが普通です。

その場合には横向きに寝て、腰を丸めた姿勢をとると、痛みも少し楽になります。

 

激しい痛みがある場合2~3日間は自宅で安静にし、その後治療に行くようにしましょう。

自宅で安静にしている間は、マッサージなどをしてはいけません。

湿布薬などで、痛みをやわらげる程度にしましょう。

マッサージなどは専門家にまかせましょう。

 

冷湿布か温湿布か迷うところですが

靭帯や筋肉の断裂により出血や炎症を起こしているケースでは

一般的には消炎作用のある冷湿布のほうが適しています。

お風呂などで温めるのは逆効果になりがちなので

最初のうちはあまり温めないようにします。

痛みがやわらいで少し落ち着いた頃に冷湿布でも温湿布でも

本人が心地よいと感じるほうにします。

 

 

患部を氷で冷やしながら治療を行います。

これは専門家が行う治療で、冷やし方などにコツがあります。

患者さん本人や家族などが自己流で患部を

マッサージするのは腰の痛みを悪化させる原因となる可能性があるので

気をつけましょう。

 

当院ではギックリ腰に対しての

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

固定(コルセット、さらし)などを行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

 

腰が痛いときの対処法について

2018.02.08 | Category: 痛みについて,腰の痛みについて,腰痛

腰痛のイメージ

腰が痛いときの対処法について

 

「腰が痛い」そう感じている人が多いのではないでしょうか?

かがんだ時、荷物を持ち上げた時など

腰に負担がかかる動作は日常の中で多く存在します。

 

「急に腰が痛くなったらどうしよう・・・」

こんなお悩みのために

腰の痛みの対処法を紹介したいと思います。

 

無理をせず治療するのが1番ですが

整骨院が開いていない時や外出時に起こった場合は

まずは痛くなった場所を触ってみて下さい。

 

手で触った時に一番熱くなっているところを冷やしてください

 

基本的に急性症状(急に痛くなった場合)は筋肉が

炎症を起こしていることが多いので

氷水などで15分程度冷やし

少し時間を置いてから再度冷やすの

繰り返しをすることをお勧めします。

 

しっかりと冷やすことで炎症が治まり

痛みが軽減させることが出来ます。

 

よく痛くなったら温めるほうがいいと思い

お風呂を長時間入る方もいるようですが、

逆効果となり痛みがひどくなる可能性があるので

温めるのは避けてください。

 

当院では腰痛に対しての

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

などを行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

2017.12.06 | Category: 腰の痛みについて

 

(背骨のイメージ)

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰や下半身の痛みやしびれ
・お尻や足が痛いorしびれる
・足の先が冷たい
・足の裏がほてる
・足の裏に1枚皮がかぶさってるように鈍く感じる
・少し歩くと痛みが強くなって、腰を丸めて休憩するとまた歩き出せる(間欠性趾行)

腰痛は比較的軽いことが多い


腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症は、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが

肥厚し、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる神経を通している管が

狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。

 

腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす病気の一つでもあります。

 

主に椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は前かがみになると坐骨神経が引っ張られ、

症状が悪化する傾向があります。

 

これに対して脊柱管狭窄症では、後ろに腰を反るとで症状が悪化します。

 

坐骨神経痛とは

背骨から出た坐骨神経は、お尻を貫いて太ももの後ろを下がり、

ふくらはぎを通って足に広がります。

 

この神経のどこかで通り道が痛むことをを坐骨神経痛と言います。

 

 坐骨神経痛を病名だと思っている方がいますが、

これは「頭痛」等と同じように単なる症状名です。

 

原因としては腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、

腰椎分離すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などさまざまです。

 


腰部脊柱管狭窄症の治療

当院では鍼灸治療をおこなっています。

鍼による筋肉への直接アプローチしたり

はり

灸による温熱療法もおこなっています。

DSCN8068

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

背中の痛み、左右の違いについて|生野区整骨院より

2017.09.21 | Category: 痛みについて,肩こり,背中の痛み,腰の痛みについて,豆知識

senaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(背中の痛みのイメージ)

 

背中の痛み、左右の違いについて|生野区整骨院より

 

背中が痛いと感じることは日常生活の中でしばしばあることですが

その原因は実にさまざまです。

 

ただ姿勢が悪い、疲れがたまったなどの原因であればよいですが、

実は重大な病気が原因で痛みが出ることもあります。

 

今回は、背中が痛くなる原因、背中の右側、左側で

変わる病気と症状についてご紹介します。

 

病気以外の背中の痛みの原因

病気以外の背中の痛みの原因は

・肉体労働などによる筋肉疲労

・猫背などの悪い姿勢

・デスクワークで同じ姿勢を続けることで起こる血行不良

・胸やお腹など他の部位の痛みの影響

・ウイルスや細菌などの感染の影響

・日々の生活のストレス

など実にさまざまです。

 

背中の痛みの原因はさまざまで、

個人で特定して対処することは困難なので

背中の痛みがあった際は病院に行って詳細に調べることをおすすめします。

 

背中の右側が痛む場合に考えられる病気

 

・肝臓がん

肝臓にできる悪性腫瘍「癌(がん)」ができることを指します。

右側のお腹の不快感、右側の肩甲骨や背中の痛み、

カラダの衰弱などの症状が現れます。

比較的に女性より男性が多い傾向にあります。

 

・肝炎

肝炎は肝臓がなんらかの原因で炎症が起きている状態を指します。

発熱、背中の右側の痛み、カラダがだるくなる、黄疸などの症状が主です。

 

・胆石症

脂肪の消化を助ける役割のある胆汁の成分が固まってできた石(胆石)

胆のうの出口に詰まってしまい痛みを引き起こす病気が胆石症です。

みぞおちから右脇腹にかけての痛み、

背中の右側の痛み、寒気や吐き気などが主な症状です。

 

・胆のう炎

胆のうに炎症が起きてしまった状態を胆のう炎と言います。

胆石症で詰まってしまった胆石がなかなか移動しないことが原因で

炎症を引き起こしてしまい胆のう炎になります。

 

胆のう炎は、急性胆のう炎慢性胆のう炎の2種類があり

症状は異なります。

 

急性胆のう炎は発熱、吐き気、右側の腹部から右肩、

背中の右側の激しく痛みが出て、

慢性胆のう炎は右側の腹部や背中の右側に

ズキズキするような痛みを感じるくらいです。

 

背中の左側が痛む場合に考えられる病気

 

・膵炎

膵臓から分泌される膵液の消化酵素が膵臓自体を消化してしまい

炎症を起こす病気です。

急性膵炎と慢性膵炎の2つがあります。

腹部周辺の痛みがもっとも特徴的な症状で、

ほかには背中の左側の痛み、発熱、食欲がないなどの症状が現れます。

 

・膵臓がん

膵臓にできる悪性腫瘍「癌(がん)」ができることを指します。

みぞおちから左わき腹にかけての鈍い痛み、

背中の左側の痛み、全身のだるさ、下痢や便秘などの症状が現れますが

病気の初期段階では自覚症状がないことが多く

これといった特徴のある症状がないので早期の発見が難しい病気です。

 

・胃炎

胃に起きる炎症のことで、種類は急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。

胃周辺の痛み、背中の左側の痛み、胸焼け、胃のむかつきが主な症状で

症状が重い際は吐血や下血の症状が見られます。

 

・心筋梗塞

心臓の筋肉に栄養を与える冠状動脈が詰まってふさがり、

心臓に血液が送れなくなって心臓が壊死してしまう病気が心筋梗塞です。

背中の左側の痛みの他、胸に激痛が走り

発作後は徐々顔色が悪くなって冷や汗や吐き気

意識障害などの症状が見られます。

最悪の場合、不整脈が起こって急死することもあります。

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

 

また、骨盤矯正につきましては

当院の骨盤矯正は通常1回¥2.000(初回)で

施術させていただいています。

 

また当院では2017年9月限定で

骨盤矯正フリーパス券を販売しています。

 

これを機会に

骨盤矯正をはじめてみるのはいかがでしょうか?

少しでも気になる方は

スタッフまでお申し付けください。

 

フリー券1original 001フリー券2original 001

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

こんな方には骨盤矯正がおすすめ!|生野区整骨院より

2017.09.13 | Category: 肩こり,腰の痛みについて,豆知識,骨盤矯正

骨盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(骨盤のイメージ)

 

こんな方には骨盤矯正がおすすめ!|生野区整骨院より

 

骨盤の歪みがおきるとさまざまな体の不調に悩むことが多いと思います。

まさか長年悩んでいたこの症状が骨盤の歪みが原因!?

と驚く人も少なくありません。

 

それもそのはず、骨盤とはまったく関係ない場所にある体の不調も

実は骨盤の歪みが関係していることもあるためです。

 

それだけ骨盤というのが体の支柱になり

大切な役割をしていることがわかると思います。

 

そんな骨盤の歪みが原因となっている不調に気付き、

骨盤矯正などを用いて正してあげることがなによりも重要です。

 

まずはあなたのどんな不調が骨盤の歪みと関係しているのか?

また骨盤矯正を用いてどのぐらい良くなるの?詳しく説明します。

 

骨盤は健康な体を維持する上でとても重要な役割を担っています。

ただの腰にある骨ではないのです。

 

骨盤のなかには男性・女性のどちらにも内臓や生殖器・泌尿器など

大切な部分が入っています。

これらを外敵から守ってくれているのが骨盤です。

 

また体のバランスを整える働きがあるのも骨盤の役割です。

骨盤の位置や付近をイメージするとわかりやすいのですが、

骨盤の上には背骨がありその土台になっています。

 

骨盤の歪みがあると?

骨盤の歪みがあるということは、

背骨だけでなくそこからつながっている腰痛や肩こり

などの症状の引き金となってしまうのです。

 

骨盤を正しく保つことは健康だけでなく

美容にもとても効果を発揮しますので

骨盤の歪みで体の不調に悩むことがないように

工夫することがとても大切です。

 

なぜ骨盤の歪みは何が原因でおきてしまうのでしょうか。

骨盤自身が自分から歪むことはありません。

 

骨盤につながっている筋肉が正しく使われずに

バランスが保てなくなったことが原因で

骨盤の歪みはおきてしまいます。

 

具体的には梨状筋(りじょうきん)中殿筋(ちゅうでんきん)

とよばれる筋肉で、体の中心部にあるインナーマッスルを鍛える筋肉です。

 

骨盤の歪みを正すということは骨盤の位置を矯正的に戻すのではなく

この筋肉を鍛えてもとの正しい位置に戻してあげることをいいます。

 

そのため骨盤の歪みを正すには継続が必要で、とても時間がかかるのです。

 

 

当院の骨盤矯正は通常1回¥2.000(初回)で

施術させていただいています。

 

また当院では2017年9月限定で

骨盤矯正フリーパス券を販売しています。

 

これを機会に

骨盤矯正をはじめてみるのはいかがでしょうか?

少しでも気になる方はスタッフまでお申し付けください。

 

フリー券1original 001フリー券2original 001

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

 

骨盤の歪みからくる腰痛について|生野区整骨院より

2017.08.09 | Category: 腰の痛みについて,腰痛,骨盤矯正

骨盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(骨盤のイメージ)

 

骨盤の歪みからくる腰痛について|生野区整骨院より

 

日頃から腰に痛みだるさなどを感じていませんか?

その腰の症状の原因は骨盤の歪みからくる腰痛かもしれません。

 

生活習慣やクセなどで少しずつゆがんでいく骨盤は

腰痛が起こると、腰をかばうことでさらに歪んでしまいます。

 

骨盤のゆがみによって引き起こされた腰痛は

骨盤のゆがみを治さなければ良くなりません。

 

肩こりと並んで最も日本人が悩まされている症状である腰痛。

 

骨盤は全骨格の中心なので、骨盤がゆがむと背骨や足、

さらには顔もゆがませてしまいます。

ゆがみは筋肉のバランスが悪くなることで、

筋肉のコリや痛みを引き起こしてしまいます

 

骨盤のゆがみを引き起こしやすい原因として

☆産前・産後の腰痛

妊娠前に骨盤がゆがんでいると、

胎児が大きくなってきても骨盤がうまく開かずに、

腰に負担がかかって腰に痛みを生じてしまいます。

 

また、出産で広がった骨盤が、元に戻らず、

ゆがんだままになってしまい腰痛を引き起こします。

 

特に産後は育児や家事など腰に負担がかかることが多いため、

腰痛が生じやすくなってしまいます。

 

☆デスクワークによる腰痛

骨盤のゆがみは普段の姿勢の悪さが大きな原因です。

デスクワーク時の姿勢の悪さが原因で骨盤がゆがみ、

腰痛を訴える人も多いです。

 

特に椅子の高さと机の高さが体に合っていない場合、

姿勢が悪くなってしまいます。

 

また、デスクワークばかりだと運動不足になりやすく、

骨盤を支える筋肉が衰えて

骨盤のゆがみを生じやすい状態であると言えます。

普段の姿勢と、骨盤周りの筋肉を鍛えることが大切です。

 

☆骨盤のゆがみが原因でぎっくり腰に

ぎっくり腰は正式には急性腰痛症と言い、

クセになる(再発しやすい)症状なので、

原因を突き止め、改善する必要があります。

 

ぎっくり腰の原因の一つに骨盤のゆがみがあります。

ぎっくり腰はくしゃみをした時や

重いものを持った時などに、

急に激しい痛みに襲われます。

 

骨盤のゆがみで血流が悪かったり、

筋肉が硬くなっているときに、

何かの動作がきっかけで瞬間的に担がかかり

腰や骨盤周りの筋肉などに炎症を起こしてしまいます。

 

激しい痛みは急に発症しますが、

原因はその前からの腰の筋肉の疲労や

骨盤の歪みにある場合が多いです。

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正鍼灸治療マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

腰痛にならないための予防ポイント|生野区整骨院より

2017.07.19 | Category: 腰の痛みについて

こし

 

 

 

 

 

 

(腰痛のイメージ)

腰痛にならないための予防ポイント|生野区整骨院より

 

あなたは「腰痛」についてどんなイメージをもっていますか?

 

重いものを持ったときに腰に激痛がでるもの、

まだそんな年齢ではないし、自分には関係ない、、、

と思った方は気をつけてください。

 

近年、若くても腰痛になる人が増えていると言われています。

 

 

腰痛は腰椎(腰の骨)に負担が掛かりすぎる事でおきます。

 

その中でも多くの方がよく知っているのが

「ギックリ腰」ではないでしょうか?

 

「ギックリ腰」とは、腰の骨の関節部分で起こる

捻挫(ねんざ)肉離れのことです。

 

腰の骨は、私たちの身体の中で

もっとも体重の負担がかかる場所でもあります。

ただでさえ負担がかかっている腰椎(ようつい)に、

さらに負担がかかることで、ギックリ腰が起きます。

 

 

ギックリ腰にならないための予防として

以下の項目を参照してみてください。

 

1.腰に疲れをため込まない事

・こまめにストレッチをする

・体を冷やさないように温める

・ストレスを溜めこまない

 

2.膝を使って腰の負担を減らす

 

ひざの曲げ伸ばしをうまく使うことで、腰への負担を

うまく減らすことができます。

 

腰を使わないといけない状況でも、

ひざをうまく使えないかを考えるようにしましょう。

 

重いものを持ち上げるときは、胸を張った状態で、

ひざの曲げ伸ばしを使って荷物を持ち上げる。

 

以上のことに気を付けて行動しましょう。

 

また、当院では腰痛予防にも、急性のギックリ腰に対しての

鍼灸治療を行っています。

腰の筋肉の緊張しているところに対して

鍼や灸をしてあげることにより

筋肉の硬さで起こる腰痛を軽減させることができます。

気になる方は一度ご相談ください。

 

当院では腰痛や体調不良などの体のお悩みや

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

腰痛は温める?冷やす? | 玉造在住男性

2015.06.18 | Category: 腰の痛みについて

腰痛

 

 

 

 

 

 

 

「腰痛イラスト」

腰痛は温める?冷やす? | 玉造在住男性

先日患者さんから腰痛に対しての質問電話がありました。

その患者さんは荷物を持ち上げた時に

急に腰が痛くなったそうで

お風呂で温めた方がいいのか?

氷で冷やせばいいのか?と質問がありました。

 

そこで『私は腰と背中を手で触った時に、

腰が熱く感じれば冷やしてください』と言いました。

 

基本的に急性症状(急に痛くなった場合)は筋肉が

炎症を起こしていることが多いので、氷で15分程度冷やし

少し時間を置いてから再度冷やすの

繰り返しをすることを勧めています。

しっかりと冷やすことで炎症が治まり

痛みが軽減することが出来ます。

 

よく痛くなったら温めるほうがいいと思い

お風呂を長時間入る方もいるようですが、

逆効果となり痛みがひどくなる可能性もあります。

 

無理をせず治療するのが1番ですが

整骨院が開いていない時や外出時に起こった場合は

まずは痛くなった場所を触ってみて下さい。

 

少しでも不安がある方はお気軽に当院にご相談下さい。

腰痛でさらしを巻きました | 玉造在住男性

2015.04.07 | Category: 腰の痛みについて

腰痛

 

 

 

 

 

 

 

「腰痛イラスト」

腰痛でさらしを巻きました | 玉造在住男性

 

先日ぎっくり腰で往診した患者さんの話です。

 

その患者さんは朝ベットから起き上がろうとした時に、

腰に電気が走ったかの様な痛みに襲われたそうです。

初めての経験で立ち上がることも出来なくなり、

整骨院に電話したところぎっくり腰と判断されました。

 

 

私は「立つことが出来ないのなら往診しましょうか?」と尋ねました!

患者さんはお願いしますと往診することになりました。

 

早速、お家にお伺いして治療を開始しました。

しっかりとアイシングで冷やした後に鍼灸治療を行い

最後にさらしで固定を行いました。

鍼灸治療の後、少しは楽になったのですが

まだ立つまでには至らなかったのでさらしで固定を行ったところ

なんとすんなりと立つことができました。

患者さんも驚きと共に喜んでくれました。

 

現在も治療は継続していますが、

今では普段通りに動けているそうです!!

 

当院では様々な症状に対しての相談治療を行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

腰痛コルセットってすごいね | 玉造在住男性

2014.07.07 | Category: 腰の痛みについて

腰痛

 

 

 

 

 

 

「腰痛イラスト」

腰痛コルセットってすごいね | 玉造在住男性

先日腰痛を訴えて来院された患者さんがいたのですが、

その患者さんは朝に顔を洗おうと前に屈んだ時に、

腰に「ピキッ」と痛みが走り当院に来院されました。

「どうしても仕事を休むことは出来ないとのことで

何とかなりませんか?」と相談されました。

そこで私は治療を行いテーピングを貼りました。

最後に自分でコルセットをつけている姿を見て、

ストップ!!!

コルセットのつける位置が違ってますよ!

と言いました。

患者さんは「えっ?」という感じで驚いていました。

正しいコルセットのつけ方を教えたのですが、

痛み方が激変しかなり楽になりましたと言い

何とかその日の仕事を行うことが出来たそうです。

※コルセットの正しい付け位置は腰を中心にするのではなく骨盤を閉めるようにつけるのが1番効果が高いです!

 

この様にコルセットはただ巻くだけではなく、

正しく使うことで腰の痛みもとても楽になります!

腰痛やコルセットのことで質問や相談がある方はお気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る