MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 睡眠の記事一覧

梅雨の体調不良予防対策について

2018.05.17 | Category: 梅雨,睡眠,鍼灸治療

(梅雨のイメージ)

 

梅雨の体調不良予防対策について

 

日中の気温も高くなりだんだん夏の季節が近づいてきました。

毎年こんな季節に訪れてくるのが「梅雨」ですよね。

 

毎年「梅雨」の時期に、様々な体調不良に悩まれることはありませんか?

 

温度や湿度の変化が大きい梅雨では

風邪、頭痛、腹痛、目まい、倦怠感、体の冷え

肩こり、腰痛などが起こりやすいと言われています。

 

今日は、梅雨の体調不良について紹介したいと思います。

 

 

梅雨の時期に起こる体調不良

 

<自律神経の乱れ>

気温や湿度にばらつきによって自律神経の乱れが引き起こされます。

その結果「体がだるい」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れます。

また、一日の温度差の激しさから「冷え」や「肩こり」の症状が出たり

風邪をひきやすくなったりします。

 

<湿気による不調>

梅雨の大敵と言えば「湿気」。

梅雨時は湿度が高くなりその結果

普段よりも体内の水分が出ていきにくくなり体のむくみの原因になってしまいます。

 

食べ物は湿気に弱く、傷みやすくなっています。

傷んだ食べ物を食べてしまうことで「食中毒」の危険性も高まってしまいます。

 

梅雨の時期の予防対策

 

<ビタミンB群の摂取>

体調不良で体力低下やだるさを感じる梅雨時には

「ビタミンB群」を摂取することが対策となります。

 

「疲労ビタミン」「ストレスビタミン」とも呼ばれるほど

疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。

 

<ビタミンB1を多く含む食べ物>

玄米、豚もも肉、豚ロース肉、紅鮭

 

<ビタミンB2を多く含む食べ物>

「ビタミンB2」もビタミンB1とともに疲労回復するには欠かせない栄養素です。

魚介類、牛乳乳製品、卵、納豆や緑黄色野菜、キノコ類にも比較的多く含まれています。

 

<快適に睡眠がとれる環境作り>

心地よい睡眠のためには、睡眠環境を整えることが非常に大切です。

 

快眠のために最適とされる環境は「気温26度以下」「湿度50%〜60%」

エアコンの冷房で室温を26度前後に保つと寝やすくなります。

 

つけっぱなしにすると体を冷やしてしまう原因にもなるので、

タイマー機能を使いましょう。

 

 

以上のことを参考にしていただいて

生活習慣や食事で体調不良を改善して

今年の梅雨を健康に乗り切りましょう。

 

当院では自律神経を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

睡眠不足と肥満の関係性|生野区整骨院より

2017.10.25 | Category: 睡眠,豆知識

hada

 

 

 

 

 

 

 

(睡眠不足で悩んでいるイメージ)

睡眠不足と肥満の関係性|生野区整骨院より

 

コロンビア大学が約2万人を調査した結果、

4時間以下の睡眠しか取らない人は、

7時間以上の十分な睡眠を取っている人に比べ、

73%も肥満になりやすいという報告がなされました。
 

また5時間では50%。6時間の時は23%と、

睡眠と肥満の関係が証明されています。
今日は睡眠不足とダイエットの関係について紹介したいと思いま

 

★寝不足になると食事の量が増える訳

 

 

人はお腹がいっぱいになったと感じた時に食べる事を止めます。
この『お腹いっぱい』と感じるには、

脂肪組織から作られる『レプチン』というホルモンが

脳の満腹中枢を刺激する必要があります。
 

逆に、『グレリン』という胃から作られるホルモンは

食欲を増進させる働きをすることが分かっています。

 

 

→睡眠不足がホルモンバランスを崩す

 

スタンフォード大学、シカゴ大学など複数の研究機関で

行われた実験により、

この食欲にかかわる2つのホルモンは睡眠と密接な

かかわりがある事が分かってきました。
『睡
眠不足になると、食欲をおさえるレプチンは減少。

 逆に食欲を増すグレリンが増える』事が実験で証明されたのです。 

 

さらにシカゴ大学の研究には続きがあり、

グレリンが増加すると、

フライドポテトやナッツのような高カロリーの食事を

好む傾向が顕著に現れました。

つまり、

『寝不足になっただけで、食事の量が増え、しかも太りやすい食事を好む』

ということが分かりました。

 

 

→体を修復する成長ホルモン

 

 

 

また、傷ついたり古くなった細胞(エネルギー)は、

寝ている間に成長ホルモンによって新しい細胞へと

作り変えられています。

この成長ホルモンが分泌されるのは

『睡眠から約2時間後の深い睡眠状態の時』とされています。
またホルモンの分泌が多いゴールデンタイムは『22時~2時の間』
つまり寝不足では、成長ホルモンが分泌されず

古い細胞が修復されることもない、

という事がわかります。

 

 

→睡眠不足が作る肥満へのスパイラル

 

①食事を我慢できず、限界が分からないので食べ過ぎる。

②食べる物といえば、高カロリーな食品ばかり。

③古い細胞ばかりで、基礎代謝も減る一方。

④大量のエネルギーを溜めこんで、その全てが脂肪に変わる。

 

 

体質改善には寝る事が一番

 

この肥満スパイラルを抜け出すには、

まずは十分な睡眠を取る事から始めるしかありません。
幸いなことに、食欲をコントロールする

『グレリン』と『レプチン』のホルモンは、

2日間連続して8時間の睡眠を取る事で

正常値に戻る事が分かっています。
 

 

睡眠不足は寿命を縮める

 

メタボが糖尿病などの病気の原因となる事は有名ですが、

問題はそこだけではありません。
 

6時間以下の睡眠を続けていると、

その判断力は2日徹夜している人と

同じくらいにまで下がるという研究結果もあり、

その危険性は飲酒運転をしているのと

変わらないという説もあります。 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の箱灸治療では身体を温めて代謝を上げたり

自律神経を整えて太りにくい体作りを

目標に治療することができます。

 

 

当院では睡眠不足や肥満の悩みなどの

相談や様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

悪い姿勢が原因で起きる体への影響|生野区整骨院より

2017.08.17 | Category: 睡眠,肩こり,豆知識,骨盤矯正

たいちょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(姿勢が悪いイメージ)

悪い姿勢が原因で起きる体への影響|生野区整骨院より

 

 

姿勢が悪いと何がいけないのか?

悪い姿勢は、体のトラブルを引き起こす原因となります。

 

では、なぜ悪い姿勢になってしまうのでしょうか。

原因のひとつとして

長時間にわたって同じ姿勢をとり続けていることが考えられます。

この影響で、筋肉が不要な緊張を起こしてしまいます。

 

デスクワークなどで一日中椅子に座る人などは

腰の筋肉などが要注意といえるでしょう。

 

正しい姿勢で座ることができていないと、

自分流の姿勢で筋肉がかたまってしまい

立ち姿も悪い姿勢になってしまうのです。

 

さらにここでは、姿勢が及ぼすカラダへの悪影響について解説します。

 

肥満の原因は姿勢の悪さ?

 

姿勢が崩れると内臓の位置がずれてしまい、

内臓に負担がかかります。

負担がかかり過ぎてしまうと内臓が

本来の正しい働きをしなくなり、

その結果、消化吸収がうまくできなくなり肥満を助長します。

 

また、血液の流れが悪くなるために、

血行不良が起こり、代謝は低下していきます。

代謝の低下は、脂肪燃焼効果を下げるため

太りやすい体質になってしまいます。

 

コリや痛み、睡眠障害など

 

悪い姿勢をとっていることは、

一部の筋肉だけがカラダを支えて、

緊張したままで姿勢を維持している状態です。

 

つまり、カラダの一部に対して特に負荷をかけることになります。

 

そのせいでカラダのあちこちにコリや痛みが発生する原因になり

立ったり座ったりするだけでも、カラダは疲れやすくなります。

 

カラダにコリや痛みがあると、

筋肉は緊張したままの状態が続くので

ベッドに入っても寝付くことができず、熟睡できなかったり

不眠症を引き起こすなど、睡眠障害を招くことがあります。

 

睡眠の質が悪いと疲労もたまってしまいます。

 

精神的な不安

 

悪い姿勢は、精神的な面でも悪影響を及ぼします。

不眠症は精神的なストレスに繋がります。

また、自律神経失調症やうつ病などの

精神的な疾患を抱える人は

傾向として浅い呼吸の方が多いようです。

 

呼吸は、姿勢と密接に関係しているのです。

姿勢が悪いと、

息を吸うときに横隔膜や肋骨をうまく動かすことができず

十分な空気を体内に入れることができません。

そのために呼吸は常に浅くなり、

脳内神経伝達物質の活動を抑制し

精神的な不安につながっているようです。

 

さらに姿勢が悪いことで、うつむきがちになることも、

後ろ向きなイメージを自身へと植えつけ

うつ病などの原因になるといわれています。

胃腸などの不調によるカラダへの不安も精神的な疲労を生みます。

呼吸や姿勢が健康的な生活に大きく寄与することは、

様々な研究結果によって導かれています。

 

当院の骨盤矯正は通常1回¥1.000で施術させていただいています。

しかし2017年8月限定で特別に

1ヵ月間骨盤矯正フリーパス券

¥4.320にて販売させていただいております!

 

これを機会に

骨盤矯正をはじめてみるのはいかがでしょうか?

少しでも気になる方はスタッフまでお申し付けください!

 

フリー券1original 001フリー券2original 001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正鍼灸治療マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

熱中症対策について|生野区整骨院より

2017.08.03 | Category: 眼精疲労,睡眠,肩こり,豆知識

夏バテ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(熱中症のイメージ)

熱中症対策について|生野区整骨院より

 

熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。

気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、

適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

今年の夏を快適に、かつ熱中症ならないように

日頃からしてほしいポイントを紹介したいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

1⃣「水分を」こまめにとろう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は

水分の吸収がスムーズにでき

汗で失われた塩分の補給にもつながります。

 

2⃣「塩分を」ほどよく摂ろう

過度に塩分をとる必要はありませんが、

毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。

大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。

ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、

よく相談の上、その指示に従いましょう。

 

3⃣「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、

エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え

寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、

日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

 

4⃣「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、

丈夫な体をつくりましょう。

体調管理をすることで、

熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

 

ほかにも衣服を工夫したり、

暑さ対策グッズなどがを購入したり

するのも、熱中症対策の一つだと思います。

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

 

不眠症と鍼灸治療|生野区整骨院より

2017.06.23 | Category: 睡眠

172917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(寝れないイメージ)

 

不眠症と鍼灸治療|生野区整骨院より

 

不眠症とは

 

夜に寝つきが悪い、眠りを朝まで維持できない、朝早く目が覚める、

眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、

よく眠れないため日中の眠気、注意力の欠如、

疲れや様々なの体調不良が起こる状態を指します。

 

日本では約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。

不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、

20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

 

また、男性よりも女性に多いといわれています。

 

 

 

不眠症のタイプ

 

入眠困難

布団にはいってもなかなか(30分~1時間以上)眠りにつけない。

 

中途覚醒

いったん眠りについても、

翌朝に起床するまでの間、夜中に何度も目が覚める。

 

早期覚醒

起きようと思っていた時間や

通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない。

 

熟眠困難

眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

 

 

なお、これらの症状は同時に複数現れることがあります。

 

 

 

不眠症を引き起こす主な原因

 

環境要因

時差、枕が変わる、また暑さや騒音、明るさなど

 

身体要因

年齢、性別、頻尿、痛み、かゆみなど

 

心的要因

悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス、

睡眠に対するこだわりなど

 

生活習慣要因

アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足など

 

 

・治療

 

当院では鍼灸治療を勧めています。

 

例えば失眠(しつみん)とよばれるツボにお灸をすれば

不眠症に効果があるとされています。

 

失眠はかかとのちょうど真ん中にあります。

 

鍼灸治療により自律神経を整え、体質改善を行い、

より健康になるためのお手伝いができます。

 

ツボはひとりひとり部位が微妙に違うので是非一度ご来院ください。

 

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

寝すぎが原因?4つの危険|生野区整骨院より

2016.09.17 | Category: 睡眠

172921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(寝ぼけているイメージ)

寝すぎが原因?4つの危険|生野区整骨院より

 

日頃寝不足だから休日には寝溜めをすることありますよね。

たくさん睡眠時間をとれば、疲れがぬけるはず…

なのに、頭痛がしたり体が重くだるい…

そんな経験があると思います。

 

寝すぎによる体調不良をなくし、

有意義に1日が過ごせるよう、原因を探ってみましょう。

 

 

 

1、頭痛が起こる

寝すぎで起こる頭痛のタイプはふたつあり、

そのうちのひとつは「偏頭痛」です。

これは睡眠中、脳の緊張がゆるんで、

必要以上に広がった血管が、

周りの神経や血管を圧迫するためおこります。

 

もうひとつは「緊張型頭痛」です。

これは枕や寝具が体に合っておらず、

肩や首すじの緊張状態が長時間続くことにより、

周囲の血管が圧迫され、後頭部に痛みを発します。

 

 

 

2、腰痛の原因になる

睡眠中、横になっているので腰に負担はかかっていないように思います。

しかし寝ている時、腰で体重の4割の重さをささえています。

それが長時間続けば、腰周りの血行が悪くなり痛みを感じるようになります。

 

 

3、うつ病など精神的な不調

睡眠を取り過ぎると、うつっぽくなるといわれています。

うつ病では「眠れなくなる」症状が出ることが多いですが、

近年増えている「非定形うつ病」ではいくら寝ても寝足りない

といった症状がでます。

これは寝すぎると脳の働きが鈍るためです。

気分が憂うつになり、起きようと思っても起きれない悪循環に陥り、

症状が悪化することもあります。

 

 

4、寿命が短くなる

死亡率と睡眠時間の関係を調べた研究から、

最も死亡のリスクが低いのは7時間台といわれています。

しかし、8時間台になると一気に死亡率が高まります

その理由は、一定の睡眠時間を超えると、

動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールの血中濃度が

高くなることが関係しているそうです。

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

実はキケン?「寝つきが良すぎる人」|生野区整骨院より

2016.08.26 | Category: 未分類,睡眠

404879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(眠たそうなイメージ)

実はキケン?「寝つきが良すぎる人」|生野区整骨院より

 

なかなか眠れなくて悩む人もいれば、

「ベットに入ったらすぐに眠れる」

「いつ寝入ったか覚えてない」なんて人もいますよね。

不眠症の人からすれば、苦労なく眠れる人は羨ましい限りですが、

すぐに眠れるから健康という事にはならないようです。

 

実は、目を閉じると5分もせずに寝入ってしまう人は、

慢性的な睡眠不足であると言われています。

 

 

1)眠るまでの時間

夜、私たちの自律神経は交感神経から副交換神経に切り替わったり

睡眠ホルモンの「メラトニン」が分泌されたりして、

徐々に眠る準備がされていきます。

眠りはこのようなゆっくりとした体内の変化によって誘導されるので、

通常は寝付くまでに、布団に入ってから10~20分くらいの時間がかかります。

 

 

2)キケンな理由とは?

すぐに眠ることができるという人ほど、

「良質な睡眠がとれていないもしくは

「睡眠時間不足」が疑われます。

横になった途端に眠ってしまうのは、眠気の限界まで起きているから。

これは「気絶」に近い状態とも言えます。

こういう人ほど、睡眠に気をつかい

より良い睡眠を心掛ける必要があります。

 

 

また、睡眠時無呼吸症候群などの病気で「かくれ不眠」

なっている場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群は自分では気づきにくいものです。

もし、大きなイビキを家族やパートナーに

指摘されたことがあるならば、注意が必要でしょう。

 

 

より良い睡眠を得るためには、

規則正しい生活、適度な運動、食事、ストレス解消など、

普段からの心がけが重要です。

 

また慢性の睡眠不足には「すこしだけ早寝をする」

試してみてはどうでしょうか?

 

いつもお布団に入る時間より 1時間早くは無理でも

5分だけでも早寝をする。

その時間の積み重ねが慢性的な不眠の解消につながっていきます。

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

高齢者の睡眠への不満 | 生野区整骨院より

2016.08.06 | Category: 睡眠

475446s

 

 

 

 

 

 

(睡眠イメージ)

 

高齢者の睡眠への不満 | 生野区整骨院より

 

 

 

今回は高齢者の睡眠への不満を調べてみました。

 

 

高齢者の睡眠不満は実は女性の方が多い

 

 

更年期を境界に、中年女性の睡眠不満が急増しているそうです。

睡眠に対する満足度を年代間で比べてみると、

満足度は男女ともに年齢とともに低下しますが、

とくに50代の女性で不満を感じている人が

圧倒的に多くなるのがみられました。

 

 

<中高年女性に多い睡眠不満>

・なかなか寝つけない

・深く眠れない

・途中で目が覚めてしまう

・早朝に目が覚めてしまう

・中途覚醒、早朝覚醒の後、眠れなくなる

 

 

 

データ上では女性の方が質のよい睡眠をとれているのに、

なぜ多くの女性が満足できないかという理由は、

性ホルモンが関係しているのではないかと言われているものの、

まだ結論はでていないようです。

 

 

 

睡眠の性差は高齢になるとともに広がるため、

高齢化社会では重要な課題となりそうです。

 

 

 

 

そこで良い睡眠を取る為のポイントもお伝えします。
こちらへ・・・

 

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

 

女性と男性の睡眠の違い | 生野区整骨院より

2016.08.02 | Category: 睡眠

510208s

 

 

 

 

 

(快眠イメージ)

女性と男性の睡眠の違い | 生野区整骨院より

 

 

今回は女性と男性の睡眠の違いを調べてみました。

 

 

調べによると、女性の方がよい睡眠をとれているという
データがでています。

 

人間は20代ごろから睡眠時の脳波に
男女差が見られるようになります。
男性に比べ、女性の方が深いノンレム睡眠時や
リラックス時に現れる、ゆっくりとした波が多くなります。
これによって、データでは男性よりも女性の方が、
質のよい睡眠をとれているということがいえます。

 

 

中高年層でも熟睡できているのは女性のようです。

 

中高年層の睡眠を比べてみても、男性より女性の方が
深いノンレム睡眠状態が多く出現
しています。
さらに夜間に、頻尿や睡眠時に無呼吸症候群などによる
睡眠障害を抱えている人も男性の方が圧倒的に多いです。

 

 

そこで質の良い睡眠を取る為のポイントもお伝えします。
こちらへ・・・

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

 

夏の湿度と睡眠について | 生野区整骨院より

2016.07.26 | Category: 睡眠

yjimage (1)

 

 

 

 

 

 

 

(湿度計イメージ)

 

夏の湿度と睡眠について | 生野区整骨院より

 

睡眠はまず「寝つく」ことから始まります。

ところが、今の時期の夜はこの段階で

ひと苦労しなければなりませんね。

 

 

 

なかなか寝つけない原因は、知っている人も多いと思いますが

言うまでもなく蒸し暑さ(湿度)です。

ある大学の研究を調べてみても、67%の人が

原因として挙げています。

「蒸し暑い」という言葉が示すように高温に高湿度

加わることで不快感はいっそう高まるようです。

 

 

 

それでなくとも夏の夜は湿度が高いのに、

睡眠中に汗をかくことにより、

寝床内の湿度は更にアップします。

しかも調べてみても、発汗は就寝後1時間以内

もっとも高いため、その変化は急激で、

あっという間に80%以上にも達します。

 

 

 

理想と言われる寝床内部の気候が

「温度33℃・湿度50%」ですから、

夏の寝床の不快さは納得できる数値に

なることがわかりますね。

 

 

 

温度が発汗を招き、発汗が湿度を高める・・・・・・・。

夏の寝床で毎夜繰り返されるこのような悪循環のために、

寝つけずに苦しんでいる人が多いのです。

 

 

眠りやすい環境を作る為のアドバイスはこちらから・・・

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る