MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 感染症の記事一覧

春に流行しやすい感染症について

2018.03.22 | Category: 感染症,,豆知識

(感染症のイメージ)

 

春に流行しやすい感染症について

 

インフルエンザの流行がほぼ終わり、ほっとしたのもつかの間。

春には春の感染症があることをご存知でしょうか?

 

風疹(風疹)、はしか(麻疹)、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)は

主に春に子どもの間で流行する病気なのですが

大人が感染すると重症になりやすく

中でも働き盛りの男性に多い風疹は周囲の妊婦への感染に注意が必要です。

 

晩冬から春にかけて、風疹、はしか、おたふく風邪などの

感染症が増える傾向があると言われています。

 

年間を通してポツポツ散発していますし

毎年大流行になる程ではないだけに、見極めるのが困難とされています。

 

 

働き盛りの世代の男性が注意すべきは風疹。

風疹は、発熱、発疹、リンパ節の腫れを特徴とする急性ウイルス性疾患。

昔は子どもがかかる病気と言われていましたが

ワクチンの普及により子どもでの流行は減っているとのこと。

 

反対に、2013年には成人男性を中心に

国内の感染者が1万人を超える大流行となったことは記憶に新しく

2015年に入ってからも愛知県や静岡県西部で

10人以上の風疹患者が立て続けに報告されています。

 

感染したのは、いずれもワクチンを接種していない

20~40歳代の男性と言われています。

 

しかも、これは男性だけの問題ではなく

働き盛りの男性こそ、妊娠中の女性が身近にいることが多いと思われます。

 

妊娠初期の女性が風疹に感染すると

生まれた赤ちゃんに心臓の障害や聴力障害

白内障などを伴う先天性風疹症候群を起こすことがあり

これは何としても避けるべき事態です。

 

だからこそ日頃から

うがい、手洗いなどを習慣づけるようにして

これらの感染症を予防していただきたいと思います。

 

当院では自律神経の乱れを整え、免疫力を高めるために

 鍼灸治療における(箱灸)を行うことにより

 体の芯から体を温めて自律神経を整えて

 免疫力が高い、からだを作ることができます。

DSCN8068

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

ページのトップへ戻る