MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 冷え性の記事一覧

夏の冷え症対策について

2018.06.14 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,鍼灸治療

(冷えのイメージ)

 

夏の冷え性対策について

 

冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが

夏場では服装や食事が冷えに対して無防備になりがちで

低めの温度設定のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより

体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。

 

今回はその冷えに対して紹介したいと思います。

 

・冷えの原因

エアコンを長時間使用していると、神経を興奮させる神経が働き

体温を体の中から逃がさないように血管が細くなります。

細くなることで血液の流れが悪くなり冷え症を起こしてしまうのです。

 

生活や食事での改善方法

首、手、足から冷えるのでその部分を温めましょう。

寝る前にゆっくりと半身浴をして、体の芯から温めましょう。

体を温める食材としては、ニンジン、カボチャ、大根が
 おすすめです。

疲労回復力をアップさせるためにビタミンやミネラル、タンパク質

 が多い食材を取りましょう。

 

冷えから身を守るために体を温めて血行をよくすることが大切です。

 

当院では冷え性に対してお灸治療を行っています。

冷えの原因に対してお灸をする事で体を興奮させる神経を刺激して

体の芯から体温をあげて冷え性を改善することができます。

その際に冷え性に効果のあるツボを用いて

特殊な鍼灸治療を行います。

 

興味のある方は一度当院にお越しください。

 

当院では自律神経を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

寒い時期に飲みたい体を温める飲み物について|生野区整骨院より

2018.01.30 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,生野区,豆知識

(温かい飲み物のイメージ)

 

寒い時期に飲みたい体を温める飲み物について|生野区整骨院より

まだ肌寒い朝晩もある今日この頃。
肌寒さを感じる日は、温かい飲み物が欲しくなります。

外で飲む温かい飲みものの味は格別です。

体が温まってきますが、温かい飲み物や食べ物をとっているからといって
必ず体温が上がるわけではありません。

例えば、コーヒーや緑茶は、温かくても利尿作用があるため
身体を冷やす場合もあります。

体温を上げて冷え性改善を目指すなら
飲み物はしっかりと選ぶことがポイントになります。

そこで本日は、体温を上げる飲み物を4つご紹介したいと思います。

①紅茶

紅茶はカフェインを含むため体温を下げるのでは?と思われがちですが
製造過程で発酵しているため、体温を上げる効果があるといわれています。

また、朝に飲むことで、さらに効果が高まります。
代謝が上がり、集中力もアップ。
糖質を分解してくれる働きもあるので、朝にはピッタリの飲み物です。

ショウガを入れて「ジンジャーティー」にすると
さらに体温を上げる効果が高くなります。
カフェインが入っているので
寝る前は飲むのを控えて、1日2~3杯を目安に飲むといいでしょう。

また、紅茶は甘くないと飲めないという人は
身体を温めるといわれる黒砂糖で甘みをつけるのがおすすめです。

②ココア

ココアに含まれる「テオブロミン」は
全身の血管を広げる効果があるといわれており、血流を良くします。

体温を上げる、血圧を下げるほか、ポリフェノールが豊富なため
美肌やダイエットにも効果が高いといわれています。

自律神経を整え、リラックス作用もあるため
寝る前に飲むと良質な睡眠が期待できます。

ココアにも生姜をすりおろして入れると、体温を上げる効果がアップします。

③白湯

冷え対策にいい飲み物といわれています。
お湯を沸かして体温よりも少し温度が高いくらいまで冷まして飲みます。
お湯がわかせないときには、電子レンジで温めてもいいでしょう。

白湯を飲むと、胃腸の動きが活発になり、代謝が上がるといわれています。
朝起きたときや、毎食前に飲むことで、消化の助けになります。
朝は老廃物の排出にもつながるでしょう。

また、白湯を飲むと代謝が上がりダイエット効果が得られるほか
体温が上がることで免疫力もアップするともいわれています。

光熱費だけで済むので、経済的。手軽に作ることができるのも魅力です。

 

④ほうじ茶

紅茶と同様に、お茶の葉を発酵させたほうじ茶。
ほうじ茶に含まれている「ピラジン」という成分が血液のめぐりを促進して
身体を温めてくれるといわれています。

またカフェインも少ないのでリラックス効果があり。
就寝前でも飲めるものになります。

ほうじ茶には、生姜や黒砂糖を入れてアレンジして飲むのもおすすめです。

 

以上の飲み物を飲んでこの寒い時期を乗り越えて行きましょう。

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

万病のもと、冷えについて|生野区整骨院より

2017.12.20 | Category: 冷え,冷え性,東洋医学,生野区,鍼灸治療

(冷えのイメージ)

 

万病のもと、冷えについて|生野区整骨院より

 

「手足が冷たい」、「肩がこる」

「しもやけができやすい」、「おなかが冷えると下痢をしやすい」

「腰が冷えると腰痛や足にしびれを感じる」など

冷えの感じ方は人によってさまざまです。

気管支喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の人では肺に冷えを感じ

捻挫や骨折をすると患部に冷えの自覚症状が現れるといわれています。

冷えを感じたら、体のどこかに問題があると考えた方がよいでしょう。

 

しかし、冷えの治療は非常に難しいとされています。

西洋医学では冷えに該当する病名がなく

診断や検査法、治療法がないからです。

東洋医学では、冷えは病気の原因であるという考え方があります。

ですから、東洋医学の考え方も取り入れながら

病気にならないように自分で体温の管理ができるようになってほしいので

とセルフケアの重要性をアドバイスします。

 

冷えがあればどこに問題があるのか?

 

冷えには、いろいろな原因があります。

冬の冷えというと、気温の低下や寒冷が影響して手足が冷たくなったり

体調を崩したりする人が多くいますが

意外な原因もあります。

それは、精神的なストレスです。

 

近年、精神的なストレスと体温には

関係があると知られるようになってきました。

たとえば、会社勤めをしている人の場合

異動や転職などで慣れない仕事を始めると

精神的なストレスがかかり交感神経が優位になり

体が戦闘モードになって心臓の鼓動が速く

そして体温が上がってきます。

しかし、1か月、半年とこのような状態が続くと

エネルギーがなくなって体温は下がってきます。

精神的なストレスによって冷えが起きているときは

自律神経を乱しているストレスを解消することが大切です。

健康に気をつけていても

ストレスの多い生活をしていると体は温かくなりません。

スポーツや趣味など、楽しくて夢中になれる活動を

自分の生活の中に取り入れましょう。

 

冷えに効果のあるポイント

冷えを感じたらどこを温めたら効果があるのでしょうか。

病気のあるところは温度感覚が変わるため

温める部位は自分でわかることが多いといわれています。

膝が痛いなら膝を、手が冷えるなら手を温めるというように部分的に温めます。

肩がこりやすい人や、首が冷えると風邪をひきやすい人は

首の後ろが大事な温めポイントとなります。

 

また、冷えると内臓の働きが低下して免疫力も下がり全身の活動に影響します。

冷えから体調を崩しやすい人や手足に冷えを感じやすい人は

全身を温めましょう。四肢末端まで全身に温かい血液を巡らせるには

へその下あたりを温めるのが効果的。体全体を温めることができます。

 

当院では生活習慣や体の体調不良の予防など

様々な症状に対しての相談も行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。

冬場の健康について|生野区整骨院より

2017.12.07 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,鍼灸治療

(冬健康イメージ)

 

冬の健康について|生野区整骨院より

12月に入って寒い季節になってきました。

急激に寒くなったりして、体調を崩す方も増えてくると思います。

今回は、冬の健康について紹介したいと思います。

 

1、感染症。

冬といえば、感染症が増えてきますが特に多いのが

インフルエンザや感染性胃腸炎です。

 

①インフルエンザ

インフルエンザウイルスは、低温(15度くらい)・

乾燥(湿度40%以下)の環境を好み、

毎年12月~3月にかけて流行します。

 

②感染性胃腸炎

近年は感染性胃腸炎の流行がその原因が

ノロウイルスです。

 

〇ノロウイルスの特徴

強い感染力を持つウイルスで体に入ると下痢や嘔吐

発熱を引き起こします。ただ、通常は1~2日で治ります。

 

 

2、寒さと乾燥対策

寒さは、暖かいところから急に寒い所へ出ると

血管が収縮して冬は高血圧になりやすくなるので

防寒着を着て温度差がないようにして出掛けましょう。

 

乾燥は、暖房を使用することにより室内の空気は

乾燥しやすくなります。

空気の入れ替えや熱いお風呂の入浴を避けたり

 

タオルのこすりすぎるのは注意しましょう。

体調を崩しやすい冬ですが注意していけば健康に

過ごせると思いますので年末年始のイベントに備えて体を

蓄えていきましょう。

 

 

当院では鍼灸治療における‘‘「箱灸」”

行うことにより

体の芯から体を温めて体調を整えて

冷えにくい体を作ることができます。

 

DSCN8068

‘‘当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。”

 

冷えと血液の流れの関係について|生野区整骨院より

2017.11.22 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,生野区,自律神経失調症,鍼灸治療,骨盤矯正

sammesa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(冷えのイメージ)

 

冷えと血液の流れの関係について|生野区整骨院より

 

寒い時期には血行不良や冷えに悩まされる方も多いと思います。

『血行不良』『むくみ』『冷え』の3つはとても関係が深く

身体の1つの状態が全ての症状を招く事が多いといえます。

 

血液の流れが悪いと、血液が十分に手足足先まで届かず、

手や足の先が冷えてしまいます。

 

また、血液の循環が悪いと、静脈やリンパの流れが停滞し

水分や老廃物が滞ってしまいます。

 

冷えは血液の流れが悪いことが原因?

 

血液の流れが悪いことは確かに冷えの原因になります。

しかし、血液の循環が良くても冷えてしまう場合もあるのです。

寒い日に青白く冷たい肌を触ると

動脈血が巡ってきていないことが感じられます。

 

しかし、逆に赤味があっても冷たくなっている

手や足をみることもあります。

また、寒い時に冷たい環境に長時間いると

その後、暖をとってもなかなか身体が温まってきません。

 

手や指先などは血液が巡りすぐに赤くなりますが

体温は上がってこないのです。

このように、血液の流れと体温には関係がありますが

冷えの原因は血液の流れが悪いことだけではありません。

むくみや胃腸などの働きも関係しているのです。

 

免疫力の低下

 

体温が下がることで免疫力も低下してしまうといわれています。

風邪やインフルエンザが流行る時期に免疫力が低下すると

感染しやすく、治りにくくなるため疲労感も蓄積してしまうのです。

 

胃、肝臓などの内臓へのダメージ

 

寒いことによるストレスで、

内臓(特に胃腸や肝臓など)へのダメージがとても大きくなります。

また、冷えによって乾燥や血行不良がおきて

手の指のひび割れが悪化する方も多くなります。

 

自律神経が乱れ、鬱の原因に

 

寒さは「自律神経」の乱れに影響を及ぼすといわれています。

そして、その自律神経の乱れが「鬱病」の原因になります。

 

また、人間の身体は太陽の光を浴びて

神経伝達物質であるセロトニンを生成し

この物質によって体内のリズムを整えて

脳の働きを助けています。

 

しかし気温が低くなる時期は日照時間が短いため

日照時間が減りセロトニンの生成が難しくなり

それが鬱の原因にもなるのです。 

 

当院では鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

 体の芯から体を温めて体調を整えて

 冷えにくい体を作ることができます。

 

DSCN8068

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

冬場に起こる体調不良について|生野区整骨院より

2017.11.01 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,自律神経失調症,豆知識,鍼灸治療

たいちょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(体調不良のイメージ)

 

 

 

冬場に起こる体調不良について|生野区整骨院より

 

あなたは冬が好きですか?

冬になると体調不良になること、ありませんか?

 

冬場に起こる「体調不良」、例えばこんな症状。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・全身(肩・背中・首・腰など)のコリ。

・気持ちが沈みがち。

・何故かやる気が出ない。

・いつも疲れが溜まっている。

・胃腸が弱ってる。

・便秘気味。

・夜中に何度も目が覚める、寝つきが悪い。

・イライラする、不安感でいっぱいになる、情緒不安定。

 

もしもこんな症状が気になっているなら

あなたは今「冬バテ」の状態になっているかもしれません。

さらに放っておくと、症状が悪化して

「冬季うつ病」を患ってしまう可能性もあります。

冬バテや冬季うつ病は「冬だけだから」と放置しておくと

春になっても症状を引きずることも多いです。

今回はそんな「冬バテ」と「冬季うつ病」の

対策方法を紹介したいと思います。

 

お風呂に浸かってじっくり温まる

 

38〜40度くらいのぬるめのお風呂にゆっくり浸かって体が温まると

こわばっていた筋肉もリラックスして優しくほぐれます。

副交感神経が活動的になるので

自律神経も整います。

 

これに、好きな香りや効能のある入浴剤も加えれば

さらに相乗効果も望めます。

穏やかな時間を過ごせるお風呂はオススメです。

時間がなくてシャワーで済ませがちな人も

時々でいいのでお風呂に浸かってみてください。

 

※【高温のお風呂は効果が変わる】用途によって使い分け

40度程度のお風呂はリラックスするのに最適なのですが

これが42度を過ぎると交感神経が働き、体が興奮しやすくなります。

 

温泉が好きな方ならイメージしやすいと思うのですが

42度の湯は、温泉の中でもなかなかの「高温風呂」

朝など「これから1日を頑張るぞ」という時

短い時間で「スカッ」とできる高温風呂は特にピッタリです。

 

【リラックスをしたい時は「ぬるま湯」】

【頑張りたい時は「高温風呂」】

これらを使い分けると効果絶大です。

一度お試しください。

 

 

 当院では鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

 体の芯から体を温めて体調を整えて

 冷えにくい体を作ることができます。

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

夏の体調不良は暑さより冷えが原因?|生野区整骨院より

2017.07.27 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,鍼灸治療

もやもや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(体調不良のイメージ)

 

夏の体調不良は暑さより冷えが原因?|生野区整骨院より

 

梅雨も明けて本格的な夏の暑さを感じるようになりました。

皆様は体調不良になっていませんか?

 

身体がだるい、疲れやすい、なかなか疲れがとれないなど、

何となくヤル気が出ないタイプ。

 

また、寝苦しさや寝つきが悪い、

夜中に何度も目が覚めるなどの睡眠障害のタイプ。

 

これらの症状は「暑さ」からくるものだと

思う方が多いのではないでしょうか?

 

これらの症状の原因は実は「暑さ」ではなく

「冷え」によるものが多いとされています。

あなたは夏場に身体を冷やす生活をしていませんか?

そこで、夏を迎える前に「身体冷やし度チェック」をしましょう。

 

□冷房の効いた場所にいることが多い。

□サンダルなどの素足で過ごすことが多い。

□冷たいものを飲食することが多い。

□食欲がないため簡単な食事で済ませることが多い。

□甘いものをよく食べる。

□シャワーだけで済ますことが多い。

□肌を日焼けすることが多い。

□運動不足になりやすい。

 

いかがでしたか?

以上の一つでも当てはまれば体を冷やしているサインになります。

 

夏になると暑さ対策で冷房や冷たい物を多く飲食したくなるわけですが、

「冷え」=自律神経の乱れ・免疫力の低下=体調不良につながるわけです。

 

当院では自律神経の乱れの症状に対して

 鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

 体の芯から体を温めて自律神経を整えて

 冷えにくい体を作ることができます。

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

冷え性にはお灸が効く | 玉造在住女性

2014.09.24 | Category: 冷え性

o

 

 

 

 

 

 

 

「お灸イラスト」

冷え性にはお灸が効く | 玉造在住女性

先日来院していた患者さんなんですが、

最近朝夜がだんだん冷えていきたので

少しずつ足先が冷たくなってきているんですと相談に来られました。

その患者さんは毎年冬は冷え性で辛い思いをしてきたそうなんですが、

今年はまだ9月なのにすでに冷え性の症状が始まっているとのことでした。

 

そこで私は「お灸をしてみませんか?」と提案させていただきました。

「お灸なら身体の心から暖めることができますし冷え性にも良く効きます。」

 

患者さんは是非お願いしますと治療を開始したのですが、

なんと1ヶ月で足の冷えがかなり楽になりとても喜んで頂けました!

このままこの冬を越せるようにしっかりと治療して行きたいとのことでした。

 

当院は様々な症状に対しての治療、相談を行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

冷え性が楽になりました | 玉造在住女性

2014.07.01 | Category: 冷え性

冷房

 

 

 

 

 

 

「冷え性イラスト」

冷え性が楽になりました | 玉造在住女性

先日来院された患者様が、

最近足の冷えがきつく、夏に近づいてきたこの季節でも

ホットカーペットを入れているそうです。

「血液の循環が悪いからなのか」と相談に来られました。

そこで私は「血管は体の端に行けば行くほど細くなる為、

血液の循環をよくすることと、筋力トレーニングを行うことで

足の冷え性も改善していくでしょう。」

と答えました。

早速患者さんは治療と筋力トレーニングを行い1ヶ月が経過しました。

なんとその患者さんは冷え性が、かなり改善され

今では靴下1枚で生活が出来ると喜んでいました。

当院では様々な症状に対しての治療や相談を行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

冷え性が改善 | 玉造在住女性

2013.12.06 | Category: 冷え性

お灸

 

 

 

 

 

冷え性が改善 | 玉造在住女性

先月から来院されている女性なんですが、

毎年冷え性がひどく足先がしもやけになっていたそうです。

今年は寒くなる前から予防をしようと当院に相談しに来院されました。

そこで私は、冷え性に効果がある特殊なお灸【箱灸】をすすめました!

※箱灸とは直接身体にお灸をするのではなく自律神経の集まる場所に集中的に温めるお灸でとても気持ちが良いものです。

まずは1ヶ月治療を行ったのですが

今年はまだしもやけにもなっていないとのことでとても喜んでいただきました!

しかも最近では身体全体の冷え性が改善されたみたいで風邪も引かなくなったそうです。

当院では様々な症状に対して治療はもちろん相談も行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る