MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > めまいの記事一覧

失神と病気の関係性について|生野区整骨院より

2017.12.28 | Category: めまい,体調不良,脳卒中,自律神経失調症

(失神のイメージ)

 

失神と病気の関係性について|生野区整骨院より

 

脳への血液の流れが一時的に低下して突然、意識をうしなってしまう失神。

大抵は数分で意識が戻るため軽く考えがちだが

心臓病など命にかかわる病気が隠れている可能性もあります。

 

失神は大人の3人に1人は一生の間に経験するといわれています。

米国の調査によると、年間で1000人あたり約6人の割合で起こり

日本でも毎年70万人以上がなると言われています。

 

都内では年間約2万4000人が失神で救急搬送されているという試算もあるとの事。

失神の原因は様々で。最も多いのが自律神経の調節がうまくいかないタイプ。

学校の朝礼や駅のホームなどで立ち続けていた時や

高齢者が食後に発症するケースなどが典型例として挙げられます。

 

立った状態では、脳へ血を多く送ろうと、心拍数を上げ血管も収縮させる神経が働き。

この時に逆の働きをする神経が過剰になると

心拍にブレーキをかけ、血管も広がり血圧が一時的に低下します。

 

高齢者に多い食後と入浴時の失神

 

食後は消化のために血液が胃腸に集まるが

老化現象で自律神経の調節機能が衰えた高齢者では

脳へ行く血液が低下しがちで発症する。

 

食後すぐには立ち上がらないようにすること。

お茶やコーヒーなどに含まれるカフェインには

自律神経を刺激する作用があるので適度に飲むとよいそうです。

 

冬場のお風呂に気を付けよう

 

熱めの湯に長くつかると、体温が上がって血管が広がり失神することもある。

狭心症や不整脈が起こりやすくなる場合も。

 

1人暮らしだと、こうした事態になっても発見が遅れるケースが少なくない。

熱すぎず、長すぎず適度な入浴を心がけましょう。

 

当院では鍼灸治療における‘‘「箱灸」”

行うことにより

体の芯から体を温めて体調を整えて

冷えにくい体を作ることができます。

 

DSCN8068

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

 

紫外線が多い秋の白内障にご注意を|生野区整骨院より

2017.09.13 | Category: めまい,ドライアイ,眼精疲労,豆知識

me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白内障で悩んでいるイメージ)

紫外線が多い秋の白内障にご注意を|生野区整骨院より

 

秋の行楽日和は、登山やハイキングに出かける方も

多いのではないでしょうか。
そこで気を付けたいのが、「紫外線」です。

 

あまり知られていませんが、

秋に降り注ぐ紫外線量は意外と多いもの。
油断していると白内障などの思わぬ病気を招くこともあります。

今日は紫外線と白内障の関係について紹介したいと思います。

 

目が白く濁る!? 白内障とは

 

白内障とは、目の中にある水晶体が白く濁る病気です。
水晶体は目の中でカメラのレンズと
しての

役割を担っている組織で、

ピントを合わせる働きを持ちます。
そのため、白内障によって水晶体(レンズ)が白く濁ると、

目のかすみや視力低下、光をまぶしく感じる

などの症状が現れます。
 

痛みもなくゆっくりと症状が進行するため、

なかなか気付きにくいのが厄介なところです。

 

白内障は高齢になるほどかかりやすく、

そのリスクは年齢を重ねるごとに増えていきます。
80歳以上の場合はほぼ100%

白内障の所見があるといわれています。

 

最近ではパソコンやスマートフォンで目を酷使することによる

「若年性白内障」も増えているので、若い人も注意が必要です。

 

なぜ秋に“白内障”?

 

白内障の原因は、主に加齢と紫外線といわれています。
秋は、夏に比べて紫外線量が減っているのは確かです。
しかし、紫外線量のピークは5月から9月で、

まだまだ油断できないのが現実。

多いときには真夏の70%に相当する量が

降り注いでいるとされています。
 

秋の紫外線対策とは

 

・紫外線予防アイテムを使おう
 

サングラスや帽子で紫外線を防ぎましょう。

帽子はつばが広いものを選ぶと、

予防効果が高くなります。

 

・目を労わろう(いたわろう)

目の疲れをこまめにとってあげることも、

白内障の予防につながります。
また、目のかすみは疲れ目の可能性もあります。

その際は目薬をさしたり、

蒸しタオルで温めたりすると改善されます。

 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はり

 

 

 

 

 

 

目の周りに対するお悩みがある方には当院では

眼精疲労、白内障、に効果のあるツボなどに

灸(きゅう)鍼(はり)治療を行い

症状を改善することができます

 

 

 

当院では白内障についての体のお悩みや

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

メニエール病と鍼灸|生野区整骨院より

2017.05.26 | Category: めまい

078363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(めまいのイメージ)

メニエール病と鍼灸|生野区整骨院より

 

めまいはひどい時、日常生活にも支障をきたします。

めまいといっても、病気によって原因のある部位が異なります。

いろいろな種類のめまいがあるなかで、耳が原因でおこるめまいが

特徴となるのがメニエール病という病気です。

 

 

 

メニエール病とは

メニエール病は、耳の奥にある内耳と呼ばれる場所の病気です。

主な症状としては回転性めまい(ぐるぐるまわっているようなめまい)、

耳鳴り、難聴、耳閉感(耳が詰まる感じ)がみられます。

メニエール病が多く見られるのは、30代から50代の女性です。

神経質な人やストレスに悩まされている人に起こりやすい病気です。

 

メニエール病は命に関わる病気ではありません。

早期の診断・治療を行えば治療することができます。

しかし進行すると耳鳴りが残ってしまったり、

難聴になってしまったりすることがあります。

 

 

症状

何の前触れもなくグルグル回るような激しい回転性のめまいにおそわれます。

発作時間は数分から数時間と長く、不定期に起こります。

さらに吐き気や冷や汗などの症状もみられます。

難聴や耳鳴り、耳閉感も現れますが、これらの症状は

めまいの発作がおさまるとともに軽減していきます。

 

 

治療

 

鍼灸治療

ストレスや疲労により体のバランスが乱れているのに対して、

全身治療によりリラックスさせ体のバランスの乱れを整えます。

 

生活習慣の改善が基本

○十分な睡眠をとる

○軽い運動を行う

○適度に水分を補給する

 

薬物療法

利尿薬や循環改善薬、ステロイド薬などが使われます。

 

 

メニエール病に対する鍼灸効果は

WHOにも認められて科学的にも証明されています。

 

WHOとは世界保健機構といい災害時の国際間での

情報共有や国際基準の設定などをおこなっている組織の通称。

 

 

 

当院では鍼灸治療をおこなっています。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

めまいが楽になった | 玉造在住男性

2014.03.26 | Category: めまい

めまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「めまいイラスト」

めまいが楽になった | 玉造在住男性

来院されている患者さんの症例ですが、

先月からめまいがするようになり睡眠を取ることも辛かったそうです。

「季節の変わり目は自律神経が乱れることによりめまいや血圧の上昇
動悸などの症状がでることがよくあります。」
 
そこで私は自律神経の調節を行うことのできる
「箱灸」という特殊な鍼灸治療を勧めました!
※箱灸とは直接もぐさを体に乗せる物ではなく箱の中にもぐさを入れるとても暖かくて気持ちのいい物です
 
患者さんは1度治療を受けてみたいと施術を開始しました。
 
1か月が経過しましたが、
今ではめまいは改善されて夜も寝ることが出来ると
とても喜んで頂けました。
 
当院では様々な症状に対して治療を行っています。
少しでもお悩みのある方はお気軽にご相談ください。
ページのトップへ戻る