MENU
TEL LINE

枕による腰痛の原因|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 枕による腰痛の原因|生野区整骨院より

枕による腰痛の原因|生野区整骨院より

2016.12.20 | Category: 豆知識

関連画像

 

 

 

 

 

 

 

枕による腰痛の原因|生野区整骨院より

 

 

 

腰痛を緩和するための枕を選ぶために最も注意しなければいけないのは

「首の角度が決まると、背骨の流れや骨盤の位置など全てに影響を与える」

ということです。

 

つまり、

自分の寝姿勢にあった枕を使わなければ、

枕によって腰痛を引き起こす可能性があるという事です。

そんな枕によって引き起こされる腰痛の原因は、

 

大きく分けて以下の3つに分類されます。

 

  • 腰が反れる寝姿勢
  • 背骨が横曲がりに力が加わる
  • 適度な寝返りが出来ない

 

自分がどのタイプに属しているのか、

それとも全てに当てはまっている人もいるかもしれません。

 

 

 

腰が反れる枕とは?

 

うつ伏せや仰向けに寝ると多くの場合は腰に反る力が加わります。

仰向けに寝ている場合であれば、

枕が高いと仰向けのまま猫背のような体勢となるため、

お尻のとマットレスの摩擦が強くなって腰を自由に動かせなくなります。

すると、

睡眠時に発生する体の動きを全て腰が引き受けるため腰痛の原因となります。

 

 

反対に枕が低すぎる場合も、顎が上がってしまい肩の強張りが強くなります。

すると、

骨盤が前傾してうつ伏せに寝ているような背骨の曲がり方をするた

腰痛だけでなく肩こりまで助長してしまいます。

 

 

 

背骨が横曲がりになる枕とは?

 

枕が高すぎる場合

寝返りを打ったり横向きの寝姿勢において背骨が横方向へと曲がり

腰に負担をかけてしまいます。

 

この体勢を繰り返すと背中の筋肉のバランスが悪くなってしまうた

背中にコリが生まれ、そのまま腰痛となってしまいます。

 

 

 

寝返りの出来ない枕とは?

 

ゆったりと沈むこむタイプのテンピュールなどに代表される低反発は、

非常に心地よい質感なため体や腰に優しいと勘違いする人も多いのですが、

こういった沈み込みの深い枕の場合頭を支えるわけではな

頭を包み込んでしまうので適切な寝返りが打てなくなります。

 

 

 

 

そこでオススメしたいのが、、、

 

 

 

西川リビングと整骨院が共同開発した

患者様1人1人にあったオーダーメイドまくらです!

 

 

 

治療の一環として使用しています。

 

興味のある方はぜひ1度当院にお越し頂いて、

体感してみてください!!!

ページのトップへ戻る