TEL

快眠を得るための6つの条件|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 快眠を得るための6つの条件|生野区整骨院より

快眠を得るための6つの条件|生野区整骨院より

2016.12.08 | Category: 豆知識

nidone_man

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快眠を得るための6つの条件|生野区整骨院より

 

『人はなぜ眠るのか」、『睡眠がなぜ必要なのか』

まだ完全には解き明かされていませんが

その多くは脳や体を休ませ、

生命を維持することに必要不可欠だと考えられており、

人の成長や寿命にも睡眠は多くの関わりがあることがわかっています。

 

そんな睡眠時間を快適に過ごすために

必要な6つの条件を紹介します。

 

 

1.快適な睡眠で健康生活
・ 快適な睡眠で、疲労回復、ストレス解消、事故防止。
・ 睡眠に問題があると、高血圧、心臓病、脳卒中などのリスクが上昇。
・ 快適な睡眠をもたらすための生活習慣。
・定期的な運動習慣は熟睡をもたらします。

 

2.快適な睡眠のバロメーター
・ 自分にあった睡眠時間があり、8時間にこだわらない。
・ 寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減ります。
・ 年齢を重ねると睡眠時間は短くなるのが普通です。

 

3.快適な睡眠は自分で作り出す
・ 夕食後のカフェイン摂取は寝付きを悪くします。
・ 「睡眠薬代わりの寝酒」は、睡眠の質を悪くします。
・ 不快な音や光を防ぐ健康づくり、自分にあった寝具の工夫をする。

 

4.眠ろうとする意気込みが頭を冴えさせる
・ 軽い読書、音楽、香り、ストレッチなどでリラックス。
・ 自然に眠たくなってから寝床につく、眠ろうと意気込むと逆効果です。
・ ぬるめの入浴は寝付きをよくする。

 

5.目が覚めたら光を取り入れて体内時計をスイッチオン
・ 同じ時刻に毎日起床する。
・ 早起きが早寝に通じます。
・ 休日に遅くまで寝床で過ごすと、翌日の朝がつらくなります。

 

6.午後の眠気をやり過ごす
・ 短い昼寝でリフレッシュ、昼寝をするなら午後3時前の20~30分。
・ 夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響。
・ 長い昼寝はぼんやりのもと。

 

 

以上の6つの条件を毎日繰り返すことで

快適な睡眠ができると言われているので

一度お試しく下さい。

 

 

当院では西川リビングと共同開発した

患者様1人1人にあったオーダーメイドまくらを

販売させていただいており。

 

治療の一環として使用しています。

 

興味のある方はぜひ1度当院にお越し頂いて、

体感してみてください。

ページのトップへ戻る