MENU
TEL LINE

昼夜逆転生活が身体に与えるデメリット!~生野区整骨院より~ | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 昼夜逆転生活が身体に与えるデメリット!~生野区整骨院より~

昼夜逆転生活が身体に与えるデメリット!~生野区整骨院より~

2016.11.11 | Category: 豆知識

078363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(体調が悪くててクラクラしているイメージ)

昼夜逆転生活が身体に与えるデメリット!

~生野区整骨院より~

 

コンビニや牛丼屋など、24時間営業のお店でのバイトや

仕事が忙しくて徹夜…

また、「なんとなく夜眠れない」という理由から

昼夜逆転生活を送ってるなんて事ありませんか?

 

人間はもともと昼行性ですから、それに逆らって生活していると

身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

今回は昼夜逆転生活が身体に及ぼすデメリットを

具体的にお話したいと思います。

 

 

 

昼夜逆転生活5つのデメリット

1)太陽の光を浴びないとビタミンDが不足

 →「ビタミンD」にはカルシウムの吸収や

  血液中のカルシウムのバランスを整えたりする、

  骨の健康を保つ役割があります。

  そのため不足すると、骨粗鬆症などになりやすくなります。

 

2)太陽の光を浴びないと体内時計が狂ってしまう

 →睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」は光によって

  分泌が調節されています。

  そのため日光を浴びる時間が少なくなると、

  慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。

 

3)運動不足になって太りやすくなる

 

4)自律神経が乱れ「成長ホルモン分泌」がうまくいかない

 →細胞の修復を行ってくれる「成長ホルモン」がうまく分泌されず、

  そのため老けやすくなってしまいます。

 

5)幸せホルモン「セロトニン」が分泌されなくなる

 「セロトニン」には心をリラックスさせる効果があるため、

  不足すると、うつ病を発症するリスクが上がってしまいます。

 

 

 

以上、簡単に昼夜逆転生活のデメリットを挙げてみました。

仕事などで、どうしても昼夜逆転生活になってしまう人は、

出来るだけ質の良い睡眠をとれるように、

マクラなどの寝具や寝室の環境に気を配ってみてはどうでしょうか?

また耳栓やアイマスクなどのグッズも利用して、

健康を損なわないよう気をつけるようにしましょう。

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る