MENU
TEL LINE

睡眠と生活習慣病との深い関係|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 睡眠と生活習慣病との深い関係|生野区整骨院より

睡眠と生活習慣病との深い関係|生野区整骨院より

2016.10.19 | Category: 豆知識

nidone_man

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(睡眠に悩んでいるイメージ)

睡眠と生活習慣病との深い関係|生野区整骨院より

質の悪い睡眠は、生活習慣病になりやすく症状を悪化させることが

分かっています。

睡眠習慣や睡眠障害の問題や生活習慣病の関係を紹介したいと思います。

 

〇「睡眠習慣」と「睡眠障害」の問題

①睡眠習慣と生活習慣病

日本人の子供たちや就労者の睡眠時間は世界で最も短いと言われています。

特に、女性は家事や育児の負担が大きいため

慢性的な寝不足状態にあると言えます。

慢性的な睡眠不足は、体内のホルモン分泌や自律神経機能にも

大きな影響を及ぼすことが知られています。

例を挙げれば、

→健康な人でも一日10時間たっぷりと眠った日に比較して、

 寝不足(4時間睡眠)をたった二日間続けただけで食欲を抑えるホルモン

 であるレプチンの分泌は減少し、逆に食欲を高めるホルモンである

 グレリン分泌が亢進するため、食欲が増大することが分かっています。

 ごくわずかの寝不足によって私たちの食行動までも影響を受けるのです。

 

②睡眠障害と生活習慣病

睡眠障害もまた生活習慣病の発症に関わっています。

以前から生活習慣病患者さんは、睡眠時無呼吸症候群や

不眠症の方が多いことが知られていました。

その後の多くの研究によって、睡眠障害が生活習慣病の

可能性を高め、症状を悪化させる事が明らかになりつつあります。

 

日々の生活の中で睡眠時間が犠牲になりがちです。

長期にわたり睡眠不足を続けたり、睡眠障害を放置すると

私たちの健康を大きく害します。

ご自分の睡眠状態に疑問を感じたら、睡眠専門医に相談をしてみましょう。

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る