MENU
TEL LINE

目を開けたまま寝ている?原因と対策~生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 目を開けたまま寝ている?原因と対策~生野区整骨院より

目を開けたまま寝ている?原因と対策~生野区整骨院より

2016.09.23 | Category: 豆知識

479283-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(目を開けたまま寝ているイメージ)

目を開いたまま寝ている?原因と対策

~生野区整骨院より~

 

 

「目を開けたままや、半目で寝ている人を見て驚いた」

なんて事ないでしょうか?

 

これは年齢や性別に関係なく出る症状で、

人によって目の開き具合はそれぞれです。

 

目を開けたまま寝ていると

ドライアイを引き起こす原因になったり、

ホコリが入って表面にキズがついてしまう恐れがあります。

 

なぜこのような症状がでてくるのか原因を挙げてみました。

 

 

<原因1>まぶたの大きさに対して眼球が大きい

眼球のサイズが大きいため、

まぶたが閉じきれない状態になってしまうようです。

近眼の人に多いと言われています。

 

 

 

<原因2>まぶたを上に引き上げる筋肉が緊張している

本来は寝ていると緩む筋肉が緊張したままになっているために起こります

ただし、緊張を起こしているのはまぶたの筋肉だけでなく

顔や肩、全身の緊張が考えられます。

 

 

 

<原因3>加齢や疲労により

目のまわりの筋肉が衰えたため

まぶたを上に引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)

目をつぶる筋肉(眼輪筋)

加齢や疲労などで筋力低下を起こし

動きが悪くなっている状態です。

 

 

 

 

対策について

 

<対策1>アイマスクや医療用テープでまぶたを閉じる

なかば強制的な手段ですが、目の乾燥や表面にほこりが

付くのを防止することができます。

 

 

<対策2>まぶたの筋肉をきたえる

目の周りの筋力が弱い事が原因である場合は、

筋肉を強化することによって多少の改善が見られます。

 

まず、眼瞼挙筋鍛えるには、両手の指で眉毛の上をおさえ、

ゆっくり目を開いていく運動が効果的です。

このとき、眉毛が動かないように注意しながら、

目見開いた状態を5秒キープします。

この運動を1日に数回、5回1セットを目安に行います。

 

また、眼輪筋を鍛えるためには、

目をギューッと閉じてパッと開く運動を繰り返します。

こちらは1日に20回3セットが目安です。 

 

若い人であれば、この方法で筋力が上がり、

加齢によって筋力が衰えている場合も、

多少ですが半目になってしまうのは改善されます。

 

もちろん原因については上記以外に他の病気が関係する場合も考えられます。

また根本的な治療をする場合にも、一度眼科医へ相談されることをおすすめします。

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る