MENU
TEL LINE

寝てる時にビクッとなった事ないですか?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 寝てる時にビクッとなった事ないですか?|生野区整骨院より

寝てる時にビクッとなった事ないですか?|生野区整骨院より

2016.09.20 | Category: 豆知識

不眠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(眠たそうなイメージ)

寝てるときにビクッっとなった事ないですか?|

生野区整骨院より

 

授業中や仕事中にウトウトしている時に、つい寝ちゃったとき

不意に身体が「ビクッ」として起きて恥ずかしい思いをしてしまったことは

ありませんか?心当たりがある人も多いと思います。

今回は「寝ビク対策」について説明や対策に対して紹介したいと思います。

 

〇寝てるときにビクッっとなるやつは何?

一瞬だけ覚醒状態(→目覚めている状態)が遮断されることで

一瞬の眠りに落ちて身体がビクっとすることをジャーキングといいいます。

寝てるときのビクッと体が動く現象の正式名称は「ジャーキング」と言います。

深い眠りに入る瞬間つまり脳が起きている状態から眠っている状態へ

移る時の自然な生理現象で、脳が混乱して自分の意志とは関係なく筋肉を

急激に収縮させる命令が送られるため身体が「ビクッ」となります。

寝てるときビクッとなるのは学校や会社の机の上や椅子の上など身体に

無理がかかる体勢で寝ている時、寒すぎる暑すぎるなど寝苦しい時、

疲れが溜まっている時に起こりやすいです。

 

〇「寝ピク」対策

ジャーキングを起こさないための対策としては学校や

仕事の昼休みに昼寝をすることです。

昼寝は時間帯によっては午後の眠気を取って、

午後から夕方にかけての仕事・勉強の効率を良くしてくれます。

ベストなのは12時から15時の間の20~30分程度、

先にカフェインを摂取してから寝るとカフェインが効き始める頃に

起きることになるので、自然にスッキリと目覚めやすいです。

 

 

居眠りをしてしまい、ジャーキングを起こして恥ずかしい思いをしている場合は、

疲労が溜まって日々の疲れが取れていない証拠のことが多いです。

ですので、質のよい睡眠を摂れば居眠り自体がなくなりますので寝てるとき

ビクッとなるのがイヤな場合は睡眠の質を上げることをおすすめします。

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る