MENU
TEL LINE

親のいびきが大きい時は要注意?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 親のいびきが大きい時は要注意?|生野区整骨院より

親のいびきが大きい時は要注意?|生野区整骨院より

2016.09.14 | Category: 豆知識

hada

 

 

 

 

 

 

 

 

(いびきで悩んでいるイメージ)

親のいびきが大きい時は要注意?|生野区整骨院より

子供のころ、両親のどちらかのいびきがうるさかった経験はないでしょうか?

そして気づいてみたら、自分のいびきもうるさいと思われている

そんなことないでしょうか?

今日は、いびきや両親からの遺伝などについての

関係性を紹介したいと思います。

 

〇いびきは、遺伝するのか?

基本的には、いびきは遺伝しません。

両親がいびきが大きい場合、自分のいびきも

大きくなりやすい傾向にあります。

しかし、それはいびきが遺伝しているではなくて、

いびきをかきやすい体質遺伝しているのです。

 

〇いびきをかきやすい体質。

肥満体型の人

→肥満体型は脂肪により気道を圧迫するために、

 いびきが発生しやすくなります。

 

舌が大きい人

→舌が大きいと睡眠時に喉のほうへ落ちやすくなり、

 いびきが発生しやすくなります。

 

あごが小さい人

→あごが小さい舌を十分に支えることができずに

 睡眠時に喉のほうに舌が、落ちやすくなり

 いびきが、発生しやすくなります。

 

〇いびきに効果的な対策方法とは?

いびきを発生させやすい体型や体質は、遺伝する可能性はあります。

しかし、いびきを対策をすることによりいびきの音を小さくすることが、

できます。マウスピースを使用することをおすすめします。

無呼吸症候群の病気の予防にもなります。

 

いびきは、対策をすることによりいびきの音を小さくすることができます。

いびきで悩んでいる方が、近くにいる場合は

マウスピースの話などで相談に乗ってあげましょう。

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

 

ページのトップへ戻る