MENU
TEL LINE

質の良い睡眠が熱中症を予防できるのはホント?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 質の良い睡眠が熱中症を予防できるのはホント?|生野区整骨院より

質の良い睡眠が熱中症を予防できるのはホント?|生野区整骨院より

2016.08.23 | Category: 豆知識

img02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(睡眠に悩んでいるイメージ)

質の良い睡眠が熱中症を予防できるのはホント?|

生野区整骨院より

 

 

時に命を落とすこともある恐ろしい熱中症を予防するための方法は

たくさんあります。

特に睡眠不足は、熱中症を引き起こしやすくなります。

今日は、睡眠不足と熱中症について紹介したいと思います。

 

〇熱中症を予防する質の良い睡眠とは?

①睡眠時間は7時間以上

夏場は特に暑さのせいで何もしていなくても体は疲れを

感じやすいものです。

特に屋外で運動したり作業したりした日は、

体に負担がかかっているので、睡眠をしっかりしましょう。

 

②睡眠のリズムを整える

毎日出来るだけ同じ時間に就寝し、

同じ時間に朝日を浴びて目を覚ますように習慣づけて下さい。

布団に入ってもなかなか寝付けないという人は、

就寝前に寝室でアロマを炊いてリラックスしたり、

決まった日課を実行するようにクセを付けてみましょう。

いつの間にか体がその時間帯に眠ることに慣れてくるはずです。

 

③就寝前に軽く汗をかく

就寝前に適度(15~20分)に体を動かして疲れさせてあげると

すんなり眠りに入りやすくなります。

体温が上がってから下がるときが,寝つきが良いとされています。

夜になれば外も少し涼しくなってくるので、

軽いウォーキングをしたりして寝室でストレッチを

したりするのもオススメです。

 

睡眠不足は体の免疫機能の低下を招き、

様々な不調が現れやすくなるので注意しましょう。

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る