MENU
TEL LINE

食事は睡眠の何時間前に食べるのがいいのか?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 食事は睡眠の何時間前に食べるのがいいのか?|生野区整骨院より

食事は睡眠の何時間前に食べるのがいいのか?|生野区整骨院より

2016.08.10 | Category: 豆知識

img02

 

 

 

 

 

 

 

 

(睡眠不足のイメージ)

食事は睡眠の何時間前に食べるのがいいのか?|

生野区整骨院より

「食後にすぐに眠ってしまうのは体によくない」という事を

耳にしたことがあると思います。

睡眠時間の何時間前に食事を食べるのがいいのか?

なぜ食後すぐに寝てはいけないのか?

今日は食後の睡眠について紹介したいと思います。

 

〇食事の睡眠の何時間前に食べるのがベストか?

 結論から言うと

「食事は寝る3時間前に摂取しておきましょう。」

基本的には目安ですが、大事なのは、毎日同じ時間に

食べてバランスのよい食事を採食べることが大事です。

胃が消化するまでに、早くて2時間~4時間かかると

言われています。

食べた後2~4時間後に眠るように心がけてみましょう。

 

〇食後すぐに寝てはいけない理由

食後すぐに寝てしまうというのは、睡眠ではなく

身体の健康にとっても大きな影響が出てしまいます。

食事の後というのは、食べた物を消化させるために

胃が活発に動いています。

脳は休みたいのに、内臓が活発に動いていたら、

十分な休息(睡眠)はできません。

 

〇胃の機能が低下してしまう。

睡眠状態というのは、血液の循環が抑制されている状態です。

十分な血液が通らない時に、食べ物を消化して胃が活動をしなければ

ならない状態というのは、とても胃に負担がかかってしまいます。

十分に消化されないまま腸へ流れてしまうので、

うまく栄養を吸収できなくなってしまいます。

胃が負担がかかった状態が続くと、胃の働きが低下してしまいます。

 

寝る前に食事を採るという事は睡眠だけでなく、体の健康にまで

影響します。

寝る3時間前に食事をすることを一度試してみてください。

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る