MENU
TEL LINE

睡眠と記憶力の関係|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 睡眠と記憶力の関係|生野区整骨院より

睡眠と記憶力の関係|生野区整骨院より

2016.08.02 | Category: 豆知識

もやもや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠と記憶力の関係|生野区整骨院より

 

 

受験生や、テストを控えた学生が「徹夜で勉強」する

ということは良くあることです。

 

しかし、徹夜で勉強をする場合、

翌日には覚えていることはあっても、

数日、数週間経つと忘れてしまうことがあります。

 

それは、記憶力は睡眠と深い関わりがあるためです。

 

人間はしっかりと睡眠をとることで、

記憶するべきものと、しなくても良いものを分けているのです。

 

時が経つと忘れるというのは、

人間が持っているある意味ポジティブな能力なのです。

私たちの覚えたことは、

短期記憶貯蔵庫にいったん保存されますが、

 

睡眠中に、長期記憶として取っておくものと、

いらないから捨ててしまうものに分けています。

 

そのため、テスト前などはしっかりと寝ないと記憶に残らないのです。

 

人間の記憶は、短期記憶長期記憶エピソード記憶など

様々なものに分類されます。

 

短期記憶というのは、

短期だけ覚えておけばよいので、

一生覚えておく必要がなく寝れば忘れます。

 

いつまで経っても忘れてはいけないようなものは、

何度も繰り返して頭に記憶し、

焼きつけることで長期記憶として残されます。

 

つまり記憶力を高めるためには、

何度も繰り返して覚えるようにしたり、

寝る前に勉強をしたらしっかりと眠ることが重要なのです。

 

ちなみに、身体にとって良い睡眠時間は90分の倍数と言われています。

これはレム睡眠とノンレム睡眠が行われるリズムで、

この倍数で起きるようにすると記憶力も高まると言われています。

 

 

当院では、不眠や睡眠障害などに対しての治療

体の不調についての悩みなど様々な症状に対しての

相談も行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。 

 

また当院では西川リビングと共同開発した

患者様1人1人にあったオーダーメイドまくらを

販売させていただいております。

少しでも興味のある方は1度当院にお越しください。

 

 

ページのトップへ戻る