MENU
TEL LINE

寝相が悪くなる4つの原因!|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 寝相が悪くなる4つの原因!|生野区整骨院より

寝相が悪くなる4つの原因!|生野区整骨院より

2016.07.27 | Category: 豆知識

たいちょう

 

 

 

 

 

 

(寝相に悩まされているイメージ)

 

寝相が悪くなる4つの原因!|生野区整骨院より

寝相が悪くてお悩みの方もいるのではないでしょうか?

今日は寝相が悪くなる4つの原因を紹介したいと思います。

 

〇寝相が悪くなる原因

①睡眠環境が悪い

睡眠中、人はレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。

寝返りなどはの寝ている時に身体を動かす動作は、

レム睡眠(眠りが浅い)の時に起こります。

そのために、眠りの浅い人は寝相が

悪いと言われています。

また、睡眠時の室内の快適な温度や湿度の調整が

よくない場合は、眠りが浅くなり、

寝相が悪くなってしまいます。

 

②脳の働きの未熟さ

幼い子供は大人に比べて寝相が悪いと言われています。

小さい子供は、まだ脳が発達の途中の為、

姿勢を制御することができず、寝相が悪くなりやすいです。

寝相が良すぎる子供では、脳や神経などに異常がある場合が、

報告されています。子供にとって寝返りは、

成長に必要な生理現象です。

 

③自律神経の乱れ

毎日のストレスで自律神経が乱れると、寝つきが悪くなったり、

寝ている途中で目が覚めやすくなったりします。レム睡眠の

時間が長くなり、寝返りをする回数が増えるとされています。

その場合は、できるだけストレスを発散されるように、

音楽をかけたり、アロマオイルを使ったり、

できるだけリラックスが出来る環境にしましょう。

 

④病気(疾患)によるもの

あまりに寝相が悪いときは、なんらかの病気の可能性も

あります。寝返りは、身体のバランスを整えるためで

不調があるときは、それを整えようと寝返りをよくするように

なります。寝返りの他にも何かに気になることがあるなら、

病院で診断を受けましょう。

寝言と言っても原因は様々です。自分の寝相が気になる方は、

どれに当てはまるか確認して、適切に対処していきましょう。

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る