MENU
TEL LINE

睡眠と香りの関係 快眠に効果的なアロマは? | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 睡眠と香りの関係 快眠に効果的なアロマは?

睡眠と香りの関係 快眠に効果的なアロマは?

2016.07.11 | Category: 豆知識

aroma_girl

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠と香りの関係 快眠に効果的なアロマは?

~生野区整骨院より~

 

 

日々のストレスなどで眠りが浅い、熟睡できない日が続く方…

快眠を促すものとしてアロマを取り入れてみてはどうでしょう?

熟睡できないと疲れが残り、朝もスッキリ起きることができません。

アロマの香りには人間の精神的に働きかけ、

リラックスさせたり入眠を促してくれる効果があります。

また、睡眠の質を上げたり、不眠を改善する効果などもあります。

 

 

 

1)アロマの働き 

アロマには大きく二つの働きがあります。

一つは大脳辺縁系に存在する情動中枢を鎮静させる働き、

二つめは自律神経に直接作用し、副交感神経を活性化し

気持ちをリラックスしてくれる働きです。

主にこの二つの働きによって、アロマは精神的な効果を発揮します。

 

 

 

2)睡眠に効果的なアロマ 

《ラベンダー》 交感神経のしずめ、不安感を和らげる。

 

ネロリ 不安感などを沈めてくれる。

 

カモミール

リラックス効果を促し、不安感やストレスなどを解消してくれる。

不眠症にも効果があると言われています。

 

オレンジ

爽やかな香りが、気持ちを前向きにしてくれる。

不安感や緊張をほぐし、リラックスを促してくれる効果がある。

 

 

反対にミント、ジャスミン、柑橘系、シナモン、ペッパーなどは

覚醒効果があるため睡眠時には向きません。

これらは眠気覚ましや集中力を上げるときに効果的です。

 

 

 

3)アロマの使用法

アロマは入眠の30分~60分前に使うことが理想です。

香りは、入眠(寝付き)に影響しますが、

入眠後にはあまり影響を与えないからです。

 

また自分の好みの香りを見つけることが大切です。

鎮静作用を持つアロマでも、好みではないと不快に感じてしまい、

かえって眠れなくなってしまいます。

自分にとって「落ち着くにおい」を選ぶことが、判断基準になります。

 

 

 

当院では皆様のより良い睡眠の環境を作ることができるように

オーダーメイドマクラを取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイドマクラを試してみてはいかがでしょうか?

 

ページのトップへ戻る