TEL

睡眠時間と脳の老化の関係|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 睡眠時間と脳の老化の関係|生野区整骨院より

睡眠時間と脳の老化の関係|生野区整骨院より

2016.07.05 | Category: 豆知識

もやもや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時間と脳の老化の関係|生野区整骨院より

 

睡眠時間が脳の老化に影響を与えることが

イギリスの研究で科学的に証明されています。

 

睡眠時間が短くても、長くても脳は老化が進んでいくそうです。

適切な睡眠時間は6~7時間。

それよりも長くても短くても脳の老化を速めます。

また、長い期間誤った睡眠時間が脳に与える影響は

4歳~7歳分と言われているそうです

 

・睡眠不足が認知力の低下を招く​??

・認知力とは???

理解、判断、論理などの知的機能のこと。

 

認知とは理解・判断・論理などの知的機能を指し、

精神医学的には知能に類似した意味であり、

心理学では知覚を中心とした概念です。

心理学的には知覚・判断・想像・推論・決定・記憶・言語理解といった

さまざまな要素が含まれますが、

これらを包括して認知と呼ばれるようになりました。

 

睡眠不足による認知力の低下は科学的にも証明されています。

また、週末の寝溜めについても、

認知力の回復には無意味だということも証明されています。

高齢になると睡眠時間が短くなりやすいため

認知力が低下しやすくなります。

意識して、適切な睡眠をとるようにしましょう。

 

当院では、不眠や睡眠障害などに対しての治療

体の不調についての悩みなど様々な症状に対しての

相談も行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。 

 

また当院では西川リビングと共同開発した

患者様1人1人にあったオーダーメイドまくらを

販売させていただいております。

少しでも興味のある方は1度当院にお越しください。

 

ページのトップへ戻る