MENU
TEL LINE

睡眠時はパジャマ?ジャージ?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 睡眠 > 睡眠時はパジャマ?ジャージ?|生野区整骨院より

睡眠時はパジャマ?ジャージ?|生野区整骨院より

2016.06.07 | Category: 睡眠

pajama_boy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時はパジャマ?ジャージ?|生野区整骨院より

 

 

小さい頃は寝るとき専用のパジャマを着て寝ていたけれど、

大人になってからはジャージやスウェットを着て

眠るようになったという方も多いのではないでしょうか??

 

実は、寝るときの服装は睡眠の質を大きく左右します!!

そのため睡眠時の服装は、体を休める上で非常に重要なポイントです。

しかし、寝るときの服装にこだわっている方はあまり多くありません。。。

 

ある調査において、

普段パジャマを着る習慣のない20~40代の男女30人が

パジャマを着て眠ったところ、

寝付きにかかる時間が平均9分程度短縮され、

夜中に目覚める回数は平均0.5回程度減少しました。

また、寝床に入っていた時間に対する

実質的な睡眠時間の割合である「睡眠効率」も平均値がアップしたのです!

このような調査結果から分かるように、

パジャマは睡眠時に最も適した服装と言えるでしょう。

 

寝る前にパジャマに着替えると、

起きている時間と眠る時間のメリハリを付けやすくなる効果があります。

寝る前の決まった行動を

スリープ・セレモニー」又は「入眠儀式」と言います。

パジャマに着替える行動も、

この「スリープ・セレモニー」の1つ。

毎日パジャマに着替える習慣が付けば、

自律神経が交感神経((興奮状態)から

副交感神経(リラックス状態)に切り替わりやすくなり、

寝付きがスムーズになります。

 

 

当院では、不眠や睡眠障害に対しての治療

体の不調についての悩みなど様々な症状に対しての

相談も行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。 

 

また当院では西川リビングと共同開発した

患者様一人一人にあったオーダーメイドまくらを

販売させていただいております。

少しでも興味のある方は一度当院にお越しください。

ページのトップへ戻る