MENU
TEL LINE

無呼吸症候群の方の枕選びとは?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 睡眠 > 無呼吸症候群の方の枕選びとは?|生野区整骨院より

無呼吸症候群の方の枕選びとは?|生野区整骨院より

2016.05.18 | Category: 睡眠

akibate

 

 

 

 

 

(枕に悩んでるイメージ)

 

無呼吸症候群の方の枕選びとは?|生野区整骨院より

無呼吸症候群という言葉を聞いたことがありますか?

睡眠中に無呼吸になってしまうことですが、枕を

代えることにより改善することができます。

その枕の選び方を紹介したいと思います。

 

 

〇睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に気道が狭くなり

一時的に無呼吸の状態に陥る状態の事を言います。

原因の多くはのど周りにある脂肪や舌の付け根で気道を

狭くしていまいます。

この方々は、枕を代えると症状が良くなることが多々あります。

 

〇枕選び方のポイント

→枕の高さ

首の骨(頸椎)は緩やかなカーブを描いていますが、

寝ているときもそのカーブが保たれている必要があります。

そのカーブを保つ事により、いびきや無呼吸は改善されます。

その高さは、顔がやや斜め下になる高さで本を

読んでいる姿勢が理想的です。

また、横向きに寝るのがいびきには良いと言われています。

ただその姿勢を維持すると体の同じ場所が圧迫されることにより

肩こりや腰痛が起こりやすくなります。

 

〇理想的な枕の素材

脳の中の湿度は低く保たれ、脳は安らかに

休養できる状態を保ちます。そのためには、

頭から伝わってくる湿度を速やかに外に逃がして

あげる必要があります。

おすすめの素材は、ソフトパイプと言われています。

通気性も良く耐久性があるのでダニもつきにくいそうです。

 

当院では皆様のより良い睡眠の質があがるように

オーダーメイド枕を取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイド枕を試してみてはいかがでしょうか?

 

ページのトップへ戻る