TEL

熟睡するための常識、非常識|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 熟睡するための常識、非常識|生野区整骨院より

熟睡するための常識、非常識|生野区整骨院より

2016.05.11 | Category: 豆知識

nayami

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熟睡するための豆知識|生野区整骨院より

 

「睡眠時間は7~8時間必要」

「横になるだけで体が休まる」

など皆さんは一度は聞いたことがあると思います。

 

しかしこの情報は実は間違いだということをご存知でしょうか?!

 

まず「睡眠時間は7~8時間必要」というのは間違いで。

8時間ぐっすり眠れるのは、若い時の20代だけで

50~60代になってくると6時間程度しか眠れないと言います。

成長する必要がない為、必要な睡眠時間は年齢が上がるにつれて

減少していくということになるそうです。

 

このため中高年の方が7~8時間の睡眠時間にこだわると、

熟睡感を味わえない原因につながります。

 

次いで「横になるだけで体が休まる」というのも間違いで、

睡眠に問題のない方はリラックスするだけでも体は休まります。

しかし、睡眠に不安のある方が横になる時間が長いほど、

脳が覚醒してしまい、眠れなくなる原因になります。

 

改善策として眠れない時に無理に寝室にいる必要はなく、

仮に数日間満足に眠れなくても人間には必要な睡眠は必ず訪れます。

 

しっかり眠気が来てから横になれば眠りの深さも改善されていきます。

「横になるだけで体が休まる」というのは間違いで、

熟睡するためにはしっかり眠気を感じてから寝床に入るのが正解だそうです。

 

当院では、不眠や睡眠障害に対しての治療

体の不調についての悩みなど様々な症状に対しての相談も

行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。 

 

また当院では西川リビングと共同開発した

患者様一人一人にあったオーダーメイドマクラを

販売させていただいております。

少しでも興味のある方は一度当院にお越しください。

 

 

ページのトップへ戻る