TEL

枕と睡眠の関連性とは?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 睡眠 > 枕と睡眠の関連性とは?|生野区整骨院より

枕と睡眠の関連性とは?|生野区整骨院より

2016.05.11 | Category: 睡眠

 

たいちょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(眠りに悩んでいるイメージ)

枕と睡眠の関連性とは?|生野区整骨院より

寝つきが悪い、夜中に何度も起きてしまったり、早朝に目が覚めて

しまう方はいないでしょうか?

精神的にストレスなどによっても寝られないことはありますが、

枕や寝室の影響によっても睡眠の質は悪くなります。

今日はその枕や眠りの関連性ついて紹介したいと思います。

 

〇枕の選び方

枕は高すぎても、低すぎてもいけません。

自分に合わない枕を使い続けていると不眠だけではなく、

肩こりの原因になります。

高い枕を選ぶと首や肩の筋肉に負担がかかり、

のどが圧迫されて呼吸しずらくなり熟睡しにくくなります。

なかには、枕を使わないという人がいますが、

これも質の悪い睡眠になります。

血液が頭に昇りやすくなるので、不眠の原因になります。

他に心臓の高さより低くなるので、顔がむくみやすくなります。

もともと、日本人は仰向けに寝る人が多い為ため、

比較的低い枕が好まれてきましたが、

最近はいびき対策で横向きに寝ようとする人が多く、

肩の高さに合わせようとして枕を高くしている人も

増えてきています。

 

〇理想的な枕の高さ

仰向けの時には首筋がすっと伸びて、

顔がやや斜めになる高さで本を読んでいる姿勢が

理想的です。

枕の役割は立っていてる時の自然な姿勢を

寝ているときも保てるように敷布団と

首から頭にかけての隙間を埋める事です。

睡眠中は20~30回の寝返りを打ちますので

その動きに合わせて、仰向けと横向きどちらにも

対応できる枕を選ぶことが大切です。

 

当院では皆様のより良い睡眠の質があがるように

オーダーメイド枕を取り扱うようになりました。

首の高さや体型に合わせて最適な枕を作ることができます。

市販の枕では満足できる睡眠がとれないという人は、

オーダーメイド枕を試してみてはいかがでしょうか?

 

ページのトップへ戻る