MENU
TEL LINE

冬に注意する交通事故防止ポイント(凍結) | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 冬に注意する交通事故防止ポイント(凍結)

冬に注意する交通事故防止ポイント(凍結)

2016.01.25 | Category: 交通事故のまめ知識

345509s

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

冬に注意する交通事故防止ポイント(凍結)

 

全国的に大きな寒波になり、皆様どうお過ごしでしょうか?
前回から冬に注意する交通事故防止ポイントを紹介していますが、
今回は凍結についてです。

 

凍結による交通事故の発生件数を調べてみました。
データからも、交通事故の発生件数の中で、
雪道でとくに注意したいのが、スリップによるトラブルのようです。
スリップ…88.4%
視界不良…9.7%
わだち[ 車のタイヤの跡]
…1.6%
その他…0.2%となっています。

 

雪道や凍結路は非常に滑りやすく、車の停止距離も長くなって、
ブレーキをかけてもなかなか車は止まりません。
雪道での「急発進」「急ブレーキ」「急ハンドル」は厳禁です!
特に坂道やカーブでは危険です。

「ゆっくり発進」、ちょっと早すぎるくらいの「やんわりブレーキ」

「静かにハンドル操作」
を守りましょう。

 

☆更に豆知識として頭に入れておきましょう。

路面と車の速度と制動距離

乾燥路・・・1倍

圧雪時・・・3.2倍
時速40㎞→21.0m

凍結時・・・5.4倍

つるつる凍結時・・・8.0倍
時速40㎞→78.7m

 

となっています。

ウィンタースポーツも真っ最中です。

交通事故には十二分に注意して下さいね。

 

当院では毎月5につく日に交通事故防止の啓蒙活動
行っています。資料もありますので、
お気軽にお問合せして下さいね。

ページのトップへ戻る