MENU
TEL LINE

2015年の交通事故による死亡者数 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 2015年の交通事故による死亡者数

2015年の交通事故による死亡者数

2016.01.07 | Category: 交通事故のまめ知識

thumbnail_anzen

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

2015年の交通事故による死亡者数

 

今回は2015年の交通事故による死亡者数を調べてみました。

 

1月4日に警察庁で、2015年(1年間)の交通事故による
死亡者数を公表しました。
発表を調べてみると交通事故による死亡者数は4117人となり、
15年ぶりに増加となったようです。

 

ではなぜ交通事故による死亡者数が増加したのでしょうか?

 

要因としては、事故に遭遇した場合の死亡率が率が高い高齢者
(65歳以上)の人口が増加していることなどが
挙げられているようです。

 

2015年は高齢者の交通事故死亡者数が2014年と比較すると
54人増加した2247人になるとともに、交通事故における
死亡者数で高齢者の割合が54%を超えたことが
大きいのではないかと発表されました。

 

これからどんどん高齢化が進んでいく中で、交通事故を
いかに少なくするかは、全国民の課題となることだと
思います。車や自転車、バイクを運転する人は
十二分に確認をして少しでも交通事故を防ぎましょう。

 

2016年は少しでも交通事故による死亡者が減少するといいですね。

 

当院は交通事故専門院として5のつく日に交通事故防止の
啓蒙活動を行っています。資料も配布していますので
お気軽にお問合せください。

ページのトップへ戻る