TEL

歩行者と車の関係について | 生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識,未分類 > 歩行者と車の関係について | 生野区整骨院より

歩行者と車の関係について | 生野区整骨院より

2015.10.20 | Category: 交通事故のまめ知識,未分類

012855s

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

歩行者と車の関係について |  生野区整骨院より

 

皆さん、秋もだんだん深くなりどうお過ごしでしょうか?

 

今回は歩行者と車の関係について調べてみました。

歩行者が横断歩道を渡ろうとしていることに、
気づかずに走行している車や、歩行者に対して
スレスレに走ってくる車を目撃したことはありませんか?
「危ないなあ!」と思われたことは多くあると思います。
道路では、車も歩行者もお互いにルールを守ることが大切なことと
思います。

 

とくに運転者の皆さんは、歩行者の立場に立ち、
思いやりを持って運転することが事故防止につながります。

 

運転者の気をつけるポイントとして

①車の運転者は歩行者との間に安全な間隔をとり、
もし安全な間隔がとれない場合は、徐行します。

②停車中の車の横を運転する場合は、「ドアが急に開くかもしれない」
「車の陰から人が飛び出すかもしれない」と考え十分注意します。

③ぬかるみや、水たまりを運転するときは、泥や水を歩行者に
はねかけないように注意します。

 

以上は最低限のマナーになることと思います。
この他にもたくさんあると思いますが、自分が歩行者の
立場になって考えてみましょう。
少しでも交通事故が少なくなるように皆で心がけましょう。

 

当院では交通事故専門院として啓蒙活動も行っています。
何か不安やお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る