MENU
TEL LINE

ビールを飲んで、夏を健康に過ごそう|生野区整骨院 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > ビールを飲んで、夏を健康に過ごそう|生野区整骨院

ビールを飲んで、夏を健康に過ごそう|生野区整骨院

2015.08.27 | Category: 豆知識

bi-ru

 

 

 

 

 

 

 

(ビールを飲んでいるイメージ)

ビールを飲んで夏を健康に過ごそう|生野区整骨院

 

日の仕事を終えて、冷えたビールをグイッとやる楽しみは、

何ものにも代えがたいものがあります。

医学的にも、適度な量では心臓病や脳卒中の予防に

役立つことが、研究で明らかにされています。

しかし、飲み過ぎると、体調不良の原因になります。

そんなビールと夏の健康について紹介したいと思います。

 

○痛風(高尿酸血症)の人はビールに要注意
ビールの飲み過ぎは、痛風の予備軍である高尿酸血症を

悪化させますし痛風発作の引き金になることもあります。

痛風というのは、足の親指などに激しい痛みを起こす病気ですが

これは血液中に尿酸という物質が増加する高尿酸血症から起こります。

高尿酸血症は痛風の原因になるだけでなく、腎臓病や糖尿病を

引き起こしますし、動脈硬化をすすめて心臓発作や脳卒中の

原因にもなります。
 

○栄養バランスの偏りに気をつけよう
暑いときは食欲もなくなり、さっぱりしたもので食事を

すませてしまいがちです。そのうえ、ビールをたくさん飲んで

きちんと食事をしないと、栄養が不足したり偏ったりします。

これが夏バテの一因にもなります。栄養バランスのとれた、

野菜たっぷりの食事をしましょう。

ビールといっしょに食べるとおすすめの食べ物は、

レバー、枝豆、豚肉、ウナギなどや、ビタミンBの利用を

高めるニンニクを使った料理が適しています。

 

当院では食事の悩みなど様々な症状に対しての相談を行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る