MENU
TEL LINE

交通事故に遭わないために!|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 交通事故に遭わないために!|生野区整骨院より

交通事故に遭わないために!|生野区整骨院より

2015.08.19 | Category: 交通事故のまめ知識

115865s

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

交通事故に遭わないために!|生野区整骨院より

 

 

あなたは普段通っている道を

「慣れた道だから」と思っていませんか?

 

 

だんだん齢をとってきたからこそ、

知っておきたい事故対策があります。

 

 

高齢者の死亡事故の約7割は歩行中です。

そのうちの約8割は、自宅から500メートル以内で

発生しているようです。

 

 
交通心理士が、65歳以上の皆さんに、アンケート調査を実施し、

その原因を分析しました結果を調べてみました。

あなたにも思い当たる節はありませんか?
(対象・・・65歳以上男女538人)

 

 

外出する目的は「買い物・通院」が多くなったようです。

75歳以上の方の80%が身体機能の低下を感じています。

65歳以上75歳未満の方の半数が「自分は高齢者である」

という意識が薄いようです。

高齢の歩行者は周りの通行者と同じ行動する傾向があるようです。

 

 
このように、高齢者の方は自宅周辺で行動することが多く、

8割の方が身体機能の低下を感じており、

そして道路を横断するとき等には不安を感じています。

 

 

また、75歳以上の高齢者になると「運転手さんはこちらに気がついて、

気を遣ってくれている」と思い込みをする方が増えています。

しかし、運転手に対する過度の期待は、無理な道路横断の

きっかけになりかねません。

こうした分析結果を踏まえ、交通事故を防ぎましょう!

 

 

もし交通事故に遭ってしまったり、もしくは起こしてしまった、

その後どうしていいかわからない、不安がある方は

交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。

交通事故資料もお渡しします。

ページのトップへ戻る