MENU
TEL LINE

ストレッチによるケガの予防について|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > ストレッチによるケガの予防について|生野区整骨院より

ストレッチによるケガの予防について|生野区整骨院より

2015.08.05 | Category: 豆知識

yjimage788

 

 

 

 

 

 

(ストレッチのイメージ)

ストレッチによるケガの予防について|生野区整骨院より

 

よくつまづく人や、すぐに手足を捻ってしまう人は、

関節を動かす範囲が狭い事が原因と考えられます。

自分の関節を動かす範囲以上に

力が加わるとケガをしてしまいます。

ストレッチにより、関節の動く範囲を広げることで

ケガをしにくい身体を作る事ができます。

 

運動後、疲労が残った状態のまま放置しておくと

ケガの原因になる事があります。

運動前のストレッチや準備運動を入念に行う人は多いのですが、

運動後のストレッチや整備体操は、

ついついおろそかになる傾向があるそうです。

特にハードな運動を行った後は、達成感と脱力感が強く、

なかなかストレッチを実行するのが難しいとは思いますが、

最後のストレッチまでが練習だという認識を持つ事が大切です。

運動後に疲労物質をためないためのストレッチを

習慣付ける事で、障害を予防する事が出来ます。

 

当院では運動される方や日常生活の中での

様々な症状に対しての相談を行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る