MENU
TEL LINE

夏に多い傘差し運転の交通事故 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 夏に多い傘差し運転の交通事故

夏に多い傘差し運転の交通事故

2015.07.21 | Category: 交通事故のまめ知識

357

 

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

夏に多い傘差し運転の交通事故

 

夏に近づき、台風も多くなり、雨が激しく降ったり、
視界の悪さなどから交通事故も多くなります。
そこで夏に多い交通事故を調べてみました。

 

第二弾は普通の傘「雨傘」についてです。

 

夏特有の局地的な豪雨が大きな原因になります。
急な雨の時自転車に乗るにはどのように傘を差すべきか考えてみましょう。

 

前方を全く見えない状態で自転車で疾走している人も
結構見かけます。
信号を無視したり、自動車の正面に向かってきたり、
歩行者の列に飛び込んできたりする人もいます。

 

自転車運転者の注意が「雨を避けて早く帰りたい」ことばかりに
集中しているのか、危険を考えていない運転が目立ちます。

 

自転車に乗る人にとってみれば「そんなの仕方ないじゃない!」と
思われるかもしれませんが、自分自身が歩行者や車の運転者に
なったと考えて行動してみましょう。

 

交通事故はたくさんの人が意識することで減らすことができると思います。

 

当院では交通事故治療専門院としてアドバイスとお体の治療を
しています。お気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る