TEL

インナーマッスルについて|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > インナーマッスルについて|生野区整骨院より

インナーマッスルについて|生野区整骨院より

2015.07.14 | Category: 豆知識

 

(筋肉、インナーマッスルのイメージ)

 

インナーマッスルについて|生野区整骨院より

 

・インナーマッスルとは何か?

 

人間の筋肉は、体の中心に近い部分、

骨に近い部分から何層にもなって体を覆っていて、

比較的深い部分にある筋肉が

インナーマッスルと呼ばれているわけです。

 

「インナー(Inner)」という言葉は

「内部の」「奥の」という意味があります。

つまりそのまま訳せば「内部の筋肉」ということになります

従って、インナーマッスルというのは

どこか一つの筋肉を指している言葉ではありません。

 

簡単に体の奥のほうにある筋肉の総称だと思ってください。

インナーマッスルの作用は、主に姿勢を細かく調整したり

円滑に動けるように微妙な体の動きを調整したり

関節の位置を正常に保ったりするという動きをします。

 

・インナーマッスルトレーニンングの特徴

高重量、高負荷を使わない。

インナーマッスルはもともと

「補助的な動作」を行う時に動く筋肉で、

大きくて太いアウターマッスルの様に

大きな力を出すようにできていないからです。

例えば、100㎏のベンチプレスを軽く上げるような方でも、

インナーマッスルを鍛えるときは

2~3㎏くらいの重さで鍛えるのが普通です。

ただし、1セットあたりの回数は最低でも

20~30回くらいに設定して、

筋肉に刺激を与える回数を増やすことが必要です。

また動作のスピードは

アウターマッスルのトレーニングよりも少し早くなります。

インナーマッスルトレーニングは

筋肉に大きなダメージを与えるものではないので、

筋肉の回復に必要な時間も短く適度な回数、セット数であれば、

毎日行ってっもオーバートレーニング状態にはなりにくいです。

 

 

当院では様々な症状に対しての相談を行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る