MENU
TEL LINE

梅雨時期の体調不良について|生野区整骨院 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 未分類,豆知識 > 梅雨時期の体調不良について|生野区整骨院

梅雨時期の体調不良について|生野区整骨院

2015.06.11 | Category: 未分類,豆知識

nayami

 

 

 

 

 

 

(もやもやしているイメージ)

梅雨時期の体調不良について|生野区整骨院

6月になると梅雨の時期に入り、雨が多い日が続きます。

朝起きて雨が降っているとなんだか気持ちも滅入ってしま

いますよね。そんな時に、気づいたら心だけじゃなく、

体調も悪い・・・なんてこともあると思います。

そんな梅雨の時期の体調不良について紹介したいと思います。

 

体調不良の原因

①梅雨の時期は低気圧になり副交感神経が活発に働きます。

 副交感神経が活発に働けば体はリラックス(休みモード)してしまい

 「だるい」、「やる気が出ない」などの症状がでやすくなります。

 その結果、活動量が減り血行が悪くなり体がだるくなりやすくなります。

 

②気圧の低い状態は、炎症物質であるヒスタミンの分泌が盛んになります。

 そのため、肩こりや腰痛がひどくなる人も増えます。

 ヒスタミンは、身体を緊張させる交感神経を刺激するので、

 身体は「ストレス」を感じやすくなります。

 ストレスを感じた体は、戦闘モードとなり血管が縮まり、

 足先まで血のめぐりが悪くなります。

 

梅雨時期の体調不良の対処法

こまめに体を温めてみましょう。温めてほしい場所は、

首・肩・腰・太もも・膝の裏です。それらの場所は血管が密集していたり

大きな筋肉があるとこから体全体を効率的に温めることができます。

湯船にゆっくりつかったり、蒸しタオルをあてるなどが良いでしょう。

こまめな行動が梅雨の不調に効果があるので試してください。

 

当院の鍼灸治療は冷えに効果のがありますのでおすすめです。

ページのトップへ戻る