MENU
TEL LINE

自転車の取り締まりが厳しくなりました | 生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 自転車の取り締まりが厳しくなりました | 生野区整骨院より

自転車の取り締まりが厳しくなりました | 生野区整骨院より

2015.06.09 | Category: 交通事故のまめ知識

9

 

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

自転車の取り締まりが厳しくなりました | 生野区整骨院より

 

6月1日から自転車の取り締まりが厳しくなりましたね。

「今までと何が変わるの?どこに気をつけたらいいの?」と

思う方も多いと思います。今回は注意すべき豆知識をお伝えします。

 

2015年6月1日から自転車に乗るポイント

重要・・・【14項目の危険行為】

・信号無視

・通行禁止違反

・徐行違反

・通行区分違反

・路側帯通行時の歩行者の通行妨害

・遮断踏切立ち入り

・交差点安全進行義務違反

・交差点優先車妨害

・環状交差点安全進行義務違反

・指定場所一時不定止

・歩道通行時の通行方法違反

・ブレーキ不良自転車

・酒酔い運転

・安全運転義務違反

 

14歳以上の自転車運転者が、[14項目の危険行為】を理由とする違反を

3年以内に2回行うと、警察本部や運転免許センターでの3時間の

安全講習が義務付けられることになったようです。

この安全講習は、命令を受けてから3カ月以内に受講しなければならず、

命令に従わないと、5万円以下の罰金になります。

 

まだまだ自転車運転者自身が注意しなければいけないことや

分からない事が多いと思います。

 

多くの自転車運転者が自覚をもち、交通事故にならないように

注意していきましょう。

ページのトップへ戻る