MENU
TEL LINE

季節で変わる紫外線対策|生野区整骨院 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 季節で変わる紫外線対策|生野区整骨院

季節で変わる紫外線対策|生野区整骨院

2015.05.13 | Category: 豆知識

atui

 

 

 

 

 

 

(暑そうなイメージ)

季節で変わる紫外線対策|生野区整骨院

 

紫外線が最も多いと言われているのは、5月から9月にかけてです。

強いのは真夏だけと思って油断している方も多いと思います。

夏だけではなく、その前後もきちんと対策しなくては効果的な

紫外線対策をしているとは言えません。

 

 

今日は紫外線の事や対策を紹介していきたいと思います。

 

〇紫外線について

紫外線というと日焼けするとか、シミやシワそばかすなど

肌の老化現象を引き起こす悪いイメージあると思います。

人間の健康にとって紫外線は大切な役も担っています。

紫外線を浴びることにより、ストレス発散できたり、

体内のビタミンDの合成を促進する働きがあります。

日焼けが怖いからといって、常に日傘や手袋、

長袖で完全装備するなど過剰な対策な避けて、

肌や健康に影響が出ない程度に日焼け止め対策を

行いましょう。

 

 

〇紫外線の対策

◇春先から日焼け止めで準備しておく。

→5月から増え始め6月には真夏と同じ量になります。

 日焼け止めを塗る場所は、鼻や頭おでこなど日光が

 当たりやすい部分に塗るのがおすすめです。

◇帽子をかぶる習慣つける。

→防止で直接日光を当たるのを避けつばが長い帽子を利用

 しましょう。また、日中の外出も控えましょう。

 

また曇りの日でも晴れている約70%近くの紫外線が

降り注いでいるので曇りの日でも注意が必要になってきます。

 

当院の鍼灸治療は肌荒れにも効果がありますので

是非お試しください。

ページのトップへ戻る