MENU
TEL LINE

体に負担をかけやすい食べ物とは?|生野区整骨院 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 体に負担をかけやすい食べ物とは?|生野区整骨院

体に負担をかけやすい食べ物とは?|生野区整骨院

2015.04.22 | Category: 豆知識

all-fruits2

 

 

 

 

 

 

 

(食べ物のイメージ)

体に負担をかけすい食べ物とは?|生野区整骨院

体調が悪い時に控えるべき「体に負担がかかる食べ物」が身近に存在します。

人は食事を通して栄養を補給して、疲労回復や健康を維持する生き物です。

しかし、食べるタイミングによって体に負担がかかる事もある食べ物が

あるので紹介したいと思います。

 

〇体に負担がかかりやすい食べ物

1、熱が出た時のコーヒーは厳禁。

  体調が悪い時のカフェイン飲料は免疫力を低下させる働きがあり動機や

  脱水症状を引き起こします。

 

2、下痢の時は、を控える。

  卵にはたくさんのタンパク質が含まれます。下痢などで体調が優れない

  ときは、タンパク質を分解する物質が不足しておう吐や全身の腫れを

  引き起こす場合があります。

  

3、胃腸が弱っているときは、ハンバーガーなどのジャンクフードを控える。

  ジャンクフード中に含まれる物質が消火器を刺激し、胃腸障害を

  悪化させると言われています。

 

 ただ、カフェインにはメリットも報告されていて脳や筋肉を活性化させる

  効果があるとされています。卵やチーズ、ナッツ類むしろ健康食品として

  知られている食べ物です。体調が悪い時はそれらが仇になるという可能性が

  あるということには、注意しておきましょう。

  

  当院の鍼灸治療は体調不良や胃腸が弱っているときに効果のあるツボを  

  使いますので是非お試しください。

 

ページのトップへ戻る