MENU
TEL LINE

スポーツによる肩の痛みについて|生野区男性からの質問 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > スポーツによる肩の痛みについて|生野区男性からの質問

スポーツによる肩の痛みについて|生野区男性からの質問

2015.03.31 | Category: 豆知識

 

 

 

「肩の痛みイラスト」

スポーツによる肩の痛みについて|生野区男性質問

最近は中高年の方に、スポーツが原因となる肩痛を

起こす例が増えています。

中高年の場合には回復に時間がかかったり

慢性化しやすいといった傾向があるので注意が必要です。

スポーツによる肩の痛みには大別すると、

 

肩(腕)を大きく動かすことによるもの

(野球、テニス、水泳、ゴルフなど)、

 

打撲などの衝撃によるもの

(サッカー、バスケットボール、野球など)

 

損傷を受ける箇所などによって、

次のようなさまざまな障害がみられます。

 

 

<腱板損傷>

肩の奥にある回旋筋腱板(肩を安定させる筋肉)が傷つき、

症を起こし痛みが生じる。

 

 

<インピンジメント症候群>

回旋筋腱板の一部や肩の動きを滑らかにする滑液包(クッション)が

変性し、上腕骨の頭とぶつかり炎症を起こす。

 

 

<上腕二頭筋長頭炎>

上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)の一部が

上腕骨と擦れて、炎症を起こす。

 

 

<脱臼>

転倒したときの打撲や無理な動きから、肩関節がずれる。

回旋筋腱板損傷をともなうことも。

 

スポーツによる肩の痛みは、腱板断裂や骨折など重症化

していることもあります。自己判断せず、冷湿布などで痛み

が引かない場合には早めに受診しましょう。また、損傷を

予防するためには次のことが大切です。

 

運動を始める前に十分な準備運動をする

やり過ぎない

痛みを感じたらしばらく休む

睡眠不足のときはやめるか、軽めにする

日常生活にストレッチ運動を取り入れる。

 

以上のことをスポーツの前後に取り入れて、スポーツ損傷を

未然に予防をしていただきたいと思います。

 

当院では様々な症状に対しての治療、相談を行っております。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

 

ページのトップへ戻る