MENU
TEL LINE

どうして筋肉は疲れるのか? |生野区男性からの質問 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > どうして筋肉は疲れるのか? |生野区男性からの質問

どうして筋肉は疲れるのか? |生野区男性からの質問

2015.03.24 | Category: 豆知識

ne

 

 

 

 

 

 

(筋肉が疲れているイメージ)

どうして筋肉は疲れるのか? |生野区男性からの質問

 仕事やスポーツで誰もが一度は筋肉の疲労感を感じたことが

あると思います。

何故筋肉は疲労するのか?

 

筋肉の中では酸素が不足し、乳酸(乳酸とは、運動によってグリコーゲンやブドウ糖などが使われるときに同時に生成されるものです。)が作られています。

この乳酸が蓄積することによって、普段中性である筋肉が

酸性に傾いて筋肉は硬くなり、疲れやだるさを感じるのです。

 

つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることが、

疲れの原因の1つです。

 

このような肩こり・腰痛の原因としては、血行不良も原因の

一つとして考えられます。

疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、

血のめぐりを悪くしてしまいます。

すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、

筋肉内にたまってしまいます。

 

また、筋肉にとどく酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、

筋肉が硬くなります。

そうすると、ますます疲れを感じるようになります。

 

揉んでも良くならない、ジーンとする、いつも同じところが疲れる、

そんな経験はありませんか?

 

そのような筋肉の疲れの原因には末梢神経の傷が考えられます。

(末梢神経は、脳や脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経のことです)

疲れて硬くなった筋肉や、たまった乳酸等の刺激によって、

近くを通る末梢神経は圧迫されたり、傷ついたりします。

 

末梢神経は、それ自体が痛みやしびれを脳に伝える神経であるため、

圧迫されたり傷つくと、その場所がジーンとしたり、違和感が

生まれたりします。それが筋肉の疲れや痛みとして感じられるのです。

 

ハートフルくすのき鍼灸整骨院では筋肉の治療をするために手技療法、

鍼灸治療を組み合わせ患者様一人一人に合った治療を

提供させていただきます。

ページのトップへ戻る