MENU
TEL LINE

秋の紫外線が白内障を引き起こす!?|生野区 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 秋の紫外線が白内障を引き起こす!?|生野区

秋の紫外線が白内障を引き起こす!?|生野区

2014.11.27 | Category: 豆知識

太陽

 

 

 

 

 

 

 

 

(日差しのイメージ)

秋の紫外線が白内障を引き起こす!?|生野区

秋の読書などにより目をよく使うことから、眼精疲労などに対する注意が

必要になっていますが、それだけではなく秋の目の病気なら、紫外線にも

注意が必要になっています。

 

秋の紫外線が夏に比べて極端に減るわけではない!

秋は、夏に比べて紫外線が少なくなるのは確かですが、

それでも降り注いでいるものは同じです。

紫外線が極端に減ってたわけではなく、少し減っただけなのです。

夏に比べると目を守る人はごく少数で秋の紫外線対策は肌のみという方

多いと思います。

このような状態が続けば目にダメージを受けることも十分に考えられます。

 

紫外線で目が老化していくと白内障の危険が……

白内障は、目の中にある水晶体が白っぽく濁る病気で、

自覚症状としては物がぼやけて見えてくるのが特徴です。

白内障のリスクは元々老人に高く、年をとれば誰でも白内障のリスクが

上がってしまいます。そして、紫外線は目も含めたさまざまな器官の

老化を進行させてしまうので白内障のリスクも上がります。

 

白内障の予防法

秋になってもサングラスをするのがよいですが、見た目に抵抗があるな

という場合は帽子をかぶりましょう。

また、目を紫外線から守るのに適切と言われるルティインを含む

かぼちゃやほうれん草を食べるのがおすすめです。

 

当院の鍼灸治療では眼精疲労に対して効果のあるツボを使い

治療をおこないますのでオススメです。

 

ページのトップへ戻る